アサーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > アサーションの意味・解説 

アサーション

アサーションとは適切に自己主張をするためのコミュニケーションスキルである。
アサーションは1950年代アメリカで、自己主張苦手とする人を対象としたカウンセリング手法として生まれた
アサーションを習得することによって、相手不快な思いをさせずに、自身の主張を行うことができる。

アサーションの理論では、コミュニケーションを以下3つタイプ大別できるとされている

アクティブ攻撃的)・・・自分中心に考え自身の考え主張する
・ノンアサーティブ(非主張的)・・・自身の意見押し殺し他に合わせる
アサーティブ・・・相手主張尊重しつつも、自身の主張発する

<各コミュニケーションタイプの例(遊んでいる子供お使いを頼む場合)>
アクティブ攻撃的):「遊んでばかりいないで、手伝いなさい」
ノンアサーティブ(非主張的):「あのさ・・・楽しそうだからいいや」
アサーティブ:「まだ遊んでいたいと思うけど、私としてはお使い行ってもらえるとうれしいな」

アサーティブコミュニケーションを取ることで、不快な思いさせないだけでなく「You・I・We メッセージ」のI/Weメッセージと同様の以下の効果が期待できる

<I/Weメッセージの効果
主語発信者にすることによって、受信者本人ではなく受信者行動に対する感情伝えることができる。
そのため、受信者はそのメッセージ受け入れ易く行動の変化促すことができる。
また、Weメッセージの場合主語範囲が広いため、より受信者行動の変化促しやすい。

関連ページ
コミュニケーション領域

アサーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 16:23 UTC 版)

アサーション: assertion)とは、




「アサーション」の続きの解説一覧

アサーション(表明、検証)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 14:41 UTC 版)

xUnit」の記事における「アサーション(表明検証)」の解説

テスト対象の関数クラスなどについて、振る舞いや状態を確認するための関数マクロを、アサーションと呼ぶ。アサーションが失敗した時(実際の実行結果期待される結果異なっていた場合)は、一般的には例外投げられ現在のテストの実行中断される

※この「アサーション(表明、検証)」の解説は、「xUnit」の解説の一部です。
「アサーション(表明、検証)」を含む「xUnit」の記事については、「xUnit」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アサーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アサーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アサーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2022 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアサーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのxUnit (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS