いっしょうとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > いっしょうの意味・解説 

いっ しょう [1] 【一升】

升を単位とした一単位の量。約1.8リットル。 →
[句]

いっ しょう -しやう [0] 【一生】

生まれてから死ぬまで。生涯(しようがい副詞的にも用いる。 「 -を送る」 「研究に-をささげる」 「 -を棒に振る」 「御恩は-忘れない」
やっと命が助かること。 「九死に-を得る」
同じ親から生まれること。 「イップク-ノ兄弟日葡

いっ しょう -しやう [0] 【一将】


いっ しょう -せう [0] 【一笑】

( 名 ) スル
ちょっと笑うこと。ひと笑い一噱(いつきやく。 「破顔-」 「嫣然として-する/婦系図 鏡花
笑いの種にすること。一噱

一晶

いっしょう

(~宝永4年(1707)4月) 

芳賀治貞。通称、順益、玄益。京都の人だが、後に江戸定住伊藤信徳弟子芭蕉との関係は、『あら野』に は一作掲載するのみだが、他に高山衛門(麋塒)と芭蕉三吟歌仙が残る。

一晶の代表作

かざり木にならで年ふる柏哉(『あら野』)

   


一升

読み方:いっしょう

  1. 一升、二百円のこと。〔一般犯罪
  2. 二百円のこと。

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いっしょう」の関連用語

いっしょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いっしょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS