筆跡鑑定とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > 鑑定 > 筆跡鑑定の意味・解説 

筆跡鑑定

読み方:ひっせきかんてい

書かれた文字書き方の癖や特徴から、書いた人物特定すること。筆跡詳しく調べることで人を調べること。

筆跡鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/03 20:20 UTC 版)

筆跡鑑定(ひっせきかんてい)とは、鑑定の一種で、複数の筆跡を比較し、それを書いた筆者が同一人であるか別人であるかを識別するものである。筆跡鑑定を行う人間を「筆跡鑑定人(ひっせきかんていにん)」と呼ぶ。筆跡の鑑定は、筆跡に現れる個人内の恒常性と希少性の存在を識別する事によって成立する。


  1. ^ 昭和41年2月21日決定(判例時報450号60頁)
  2. ^ 平成14(し)18 再審請求棄却決定に対する異議申立棄却決定に対する特別抗告事件 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/js_20100319125335263203.pdf
  3. ^ 東京高裁平成20年3月27日判決、東京高等裁判所判決時報刑事59巻1~12合併号22頁


「筆跡鑑定」の続きの解説一覧



筆跡鑑定と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筆跡鑑定」の関連用語

筆跡鑑定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



筆跡鑑定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆跡鑑定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS