鑑とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > の意味・解説 

かん【鑑】

常用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]かんがみる かがみ

反省の資となる前例手本。「殷鑑(いんかん)・亀鑑(きかん)」

資料並べて手本とする書物。「図鑑大鑑年鑑武鑑宝鑑名鑑

よしあし見分ける。よく点検する。「鑑査鑑識鑑賞鑑定鑑別清鑑

身分資格などを見分ける証拠。「鑑札印鑑門鑑

[補説] 「鑒」は異体字

名のりあき・あきら・かた・かね・しげ・のり・み・みる


かん【鑑】

古代中国青銅器の一。春秋時代盛行した。深鉢状をした大型のたらいの一種で、一対ないし二対の耳(じ)(取っ手)がつく。沐浴(もくよく)などに使用


かがみ【鏡/鑑/×鑒】

人の姿や物の形を映し見る道具古く青銅白銅などの表面水銀に錫(すず)をまぜたものを塗って磨いて作った。形は方円八つ花形などがある。現在のものは、ガラス板裏面水銀を塗ってある。

(鑑・鑒)人の手本。模範。「人の―」

鏡餅(かがみもち)」の略。

《形が古鏡似ているところから》酒樽のふた。「―を抜く」

鏡物(かがみもの)」の略。

茶碗だまりで、丸く一段くぼんでいる部分高麗茶碗によく見られるもので、熊川(コモガイ)茶碗約束事の一。

書類一枚目添える、標題日付作成者などを記載した紙。

[補説] 作品別項。→鏡

[下接語] 合わせ鏡岩鏡・自惚(うぬぼ)れ鏡・衣紋(えもん)鏡・御(お)鏡・懐中鏡浄玻璃(じょうはり)の鏡・空の鏡智慧(ちえ)の鏡・月の鏡・手鏡共鏡野守(のもり)の鏡・初鏡ビードロ鏡・鬢(びん)鏡・懐鏡・丸鏡・水鏡・八咫(やた)の鏡


読み方:カガミkagami

規範に照して考え合せるかんがみる模範などの意。


作者黒川博行

収載図書カウント・プラン
出版社文芸春秋
刊行年月1996.11

収載図書カウント・プラン
出版社文芸春秋
刊行年月2000.4
シリーズ名文春文庫


読み方
かがみ
かん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 01:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「鑑」を含むページの一覧/「鑑」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「」が役に立つかも知れません。

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2019/07/04 02:37 UTC 版)

発音

用例

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鑑」の関連用語

鑑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鑑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鑑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS