飛鳥文化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文化 > 文化 > 飛鳥文化の意味・解説 

あすかぶんか -くわ [4] 【〈飛鳥〉文化】

飛鳥時代文化法隆寺に代表される最初仏教芸術開花し、聖徳太子十七条憲法三経義疏など、思想学問の面でも高度の発展遂げ白鳳文化天平文化基礎を築いた。中国六朝りくちよう文化影響のもとに発展

飛鳥文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 01:21 UTC 版)

飛鳥文化(あすかぶんか)は、推古朝を頂点として大和を中心に華開いた仏教文化である。時期としては、一般に仏教渡来から大化の改新までをいう。




  1. ^ 久野健『仏像の歴史』(山川出版社、1987)pp.17 - 22, 47 - 48


「飛鳥文化」の続きの解説一覧



飛鳥文化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛鳥文化」の関連用語

飛鳥文化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛鳥文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛鳥文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS