金融政策決定会合とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 金融政策決定会合の意味・解説 

金融政策決定会合


金融政策決定会合(きんゆうせいさくけっていかいごう)

日本銀行の最高意思決定機関

金融政策集中論議する場で、月に2回会合が開かれる。「ゼロ金利継続可否」のようなテーマ議題については、出席者9人で多数決取り決定する。開催日は大体、毎月10日25日前後である。

この会合で決まったことは、そのまま金融政策として反映されるので、決定会合名実ともに日銀の最高意思決定機関である。

参加者内訳は、日銀からは速水総裁副総裁2人、その他、大学教授会社社長など民間選出審議委員6人の計9人である。

さらに、政府関係者会合参加でき、議案提出議決延期請求ができる。具体的には大蔵省経済企画庁は、必要に応じて代表者派遣して意見を述べる。ただし政府サイドには議決権はない。

(2000.08.11更新


日本銀行政策委員会

(金融政策決定会合 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 16:16 UTC 版)

日本銀行政策委員会(にっぽんぎんこうせいさくいいんかい)は、日本銀行公定歩合の決定などを行う最高意思決定機関。


  1. ^ 『占領下の日本財政覚え書』(渡辺武日本経済新聞社、1966年9月16日) P215注、P212 ~ P215 などを参照。
  2. ^ 日本銀行における役員の給与等の支給の基準
  3. ^ 日銀、2016年の政策決定会合の日程発表 8回開催
  4. ^ 就任年月日もしくは欠員が生じた年月日。
  5. ^ 旧日銀法時代の1998年3月20日に総裁に任命され、新日銀法施行時にも留任。
  6. ^ 旧日銀法時代の1998年3月20日に副総裁に任命され、新日銀法施行時にも留任。
  7. ^ 旧日銀法時代の1995年10月10日に任命委員(任期4年)として任命され、新日銀法施行時にも審議委員として留任。
  8. ^ 任期は特例で3年間(任期が特定の年に偏らないようにするための措置)。
  9. ^ 旧日銀法時代の1997年6月17日に任命委員(任期4年)として任命され、新日銀法施行時にも審議委員として留任。
  10. ^ 任期は特例で4年間(任期が特定の年に偏らないようにするための措置)。
  11. ^ 任期は特例で4年間(任期が特定の年に偏らないようにするための措置)。
  12. ^ 任期は特例で1998年4月8日から2003年3月19日(総裁及びもう1名の副総裁と任期を揃えるための措置)。
  13. ^ 初任時の任期は特例で2年間(任期が特定の年に偏らないようにするための措置)。のち2000年にも再任され2005年の2期目満了まで通算2期7年務めた。
  14. ^ 任期途中の2008年3月20日に審議委員から副総裁に昇格したが、本来の任期満了日(2010年4月7日)までに後任は任命されず、欠員のままの状態で任期満了日を迎えた。
  15. ^ 総裁が空席の為、副総裁の白川方明が総裁代行(2008年4月9日に総裁に昇格)。
  16. ^ 日本銀行の金融政策(1998~2003年)ゼロ金利政策と量的緩和政策 黒田晃生
  17. ^ 黒田日銀総裁再任の経緯と今後の金融政策の課題 ―日銀国会同意人事(2018年)の概要― 笠井彰吾(財政金融委員会調査室)


「日本銀行政策委員会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金融政策決定会合」の関連用語

金融政策決定会合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金融政策決定会合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本銀行政策委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS