三島彌太郎とは?

三島 彌太郎 (みしま やたろう)

三島 彌太郎

氏 名
就 任
退 任
出身県:
三島 彌太郎 (みしま やたろう
大正 2. 2.28
大正 8. 3. 7
鹿児島県

 第8代三島彌太郎総裁は、慶応3年薩摩藩士の長男として生まれ駒場農学校卒業渡米し、優秀な成績ボストン大学より農政学学位取得しました。通算7年半の海外生活の後帰国し、明治30年31歳で貴族院議員当選し、明治35年より予算委員として活躍する中で金融経済精通しました。

 横浜正金銀行取締役頭取経て大正2年日本銀行総裁就任した直後は、日露戦争後の危機的国際収支赤字からの脱却に努めましたが、第1次大戦勃発後は、一転して輸出増加による未曾有の好景気の中で金融政策舵取りをすることとなりました。すなわち、政府に対し国庫余剰金特別国債公募資金による日本銀行保有外貨買入れ働きかけてこれを実現した他、金利高騰を防ぐため、わが国初めての市中銀行預金金利協定成立にも尽力しました。

 貴族院議員日銀総裁の2つの激務終始忠実に果たし、第1次大戦直後急病により現職のまま亡くなりました。徳富蘆花の『不如帰』のモデルとしても知られています。

出典広報誌にちぎんクオータリー1998年夏季号)』)

三島彌太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/21 21:45 UTC 版)

三島 彌太郎(みしま やたろう、慶応3年4月1日1867年5月4日) - 1919年大正8年)3月7日)は、日本の銀行家。子爵三島通庸の長男であり、徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物、川島武夫のモデルでもある。




  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。


「三島彌太郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

三島彌太郎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三島彌太郎」の関連用語

三島彌太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富田鐵之助

渋澤敬三

土方久徴

一萬田尚登

佐々木直

池田成彬

速水優

宇佐美洵





三島彌太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本銀行日本銀行
Copyright 1996-2018 Bank of Japan All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三島彌太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS