ユーロ円とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ユーロ円の意味・解説 

ユーロ円

読み方:ユーロえん

1ユーロ対する円の価格ユーロ/円、EUR/JPYのこと。

ユーロカレンシー

(ユーロ円 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/27 08:22 UTC 版)

ユーロカレンシー(Euro Currency)とは、オフショア市場などのユーロ市場で国際的な銀行間取引の対象となる通貨。ユーロ市場とは通貨発行国規制外にある市場をさす。取引される通貨には例えばスイス・フランと、欧州連合加盟国外で取引されるユーロユーロ、そしてユーロダラーと呼ばれる米ドルがある。ユーロカレンシーは1980年代に証券化が加速した。1990年代、日銀外貨準備高増加に伴いユーロ円(ゆーろえん)が市場へ供給された。このユーロ円は機関投資家を通じて、ユーロ円債を発行する日本企業へ投下された。代表的なユーロカレンシーの金利としてLIBOR、ユーロ円に関してはユーロ円TIBORがある。


  1. ^ 塩川喜信 『世界の棉花経済』 アジア経済研究所 1971年 44頁 第4図 世界の原棉輸出
  2. ^ a b Garson, Barbara (2001). Money Makes the World Go Around. Penguin Books. p. 29. ISBN 0-670-86660-1.
  3. ^ a b "Adam Smith" (George J.W. George) (1982). Paper Money. London: Macdonald & Co. p. 122. ISBN 0-356-08573-2.
  4. ^ a b Vincent Lannoye, The History of Money for Understanding Economics, 2nd edition, 2015, p.292.
  5. ^ Securities and Exchange Commision, Report of Special Study of Securities Markets, U.S.government printing office, 1963, Part4, p.842. ChartⅧ-f
  6. ^ 良永晃子 「米欧英の非伝統的金融政策と出口の動向」 国立国会図書館 『調査と情報』 996号 2018年2月1日 3頁


「ユーロカレンシー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ユーロ円」に関係したコラム

  • CFDで欧州の株式取引をするには

    CFDで欧州の株式取引をするには、欧州株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。欧州株を扱っているのは、ひまわり証券、CMC Markets Japan、GCIフィナンシャル、IGマーケッツ証券の...

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

  • FXの通貨ペアの値幅一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の値幅とは、通貨ペアが値上がり、あるいは、値下がりする際の最小の為替レートのことです。例えば、USD/JPYの値幅は0.001円です。USD/JPYが1ドル79.595円の場...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーロ円」の関連用語

ユーロ円のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユーロ円のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーロカレンシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS