明融本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 明融本の意味・解説 

明融本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/27 19:05 UTC 版)

明融本(みょうゆうぼん/めいゆうぼん)は、室町時代末期に冷泉為和の息子である冷泉明融らによって書写されたとされる源氏物語の写本である。「明融」の読みについては当初池田亀鑑によって「めいゆう」として紹介された。その後「みょうゆう」との読みが有力となったものの、やはり「めいゆう」とするべきではないかとの見方もある[1]




  1. ^ 野村精一「源氏物語研究史の戦後(三) 本文を商品化するということ」實踐國文學会『實踐國文學』第54号、1998年(平成10年)10月15日、pp. 1-8。
  2. ^ 山岸徳平「源氏物語の諸本」山岸徳平・岡一男監修『源氏物語講座 第8巻』有精堂出版、1972年(昭和47年)、pp. 1-68。
  3. ^ 石田穣二「源氏物語(明融本)解題」
  4. ^ 横井孝「明融本『源氏物語』(実践女子大学蔵)」人間文化研究機構国文学研究資料館編『立川移転記念特別展示図録 源氏物語 千年のかがやき』思文閣出版、2008年(平成20年)10月、p. 97。 ISBN 978-4-7842-1437-2


「明融本」の続きの解説一覧



明融本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「明融本」の関連用語

明融本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



明融本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明融本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS