遊星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 遊星の意味・解説 

惑星

(遊星 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 14:47 UTC 版)

惑星(わくせい、ギリシア語: πλανήτης 古代:[planɛ̌ːtɛːs] 現代:[plaˈnitis][1]ラテン語: planēta: planet)とは、恒星の周りを回る天体のうち、比較的低質量のものをいう。正確には、褐色矮星の理論的下限質量(木星質量の十数倍程度)よりも質量の低いものを指す。ただし太陽の周りを回る天体については、これに加えて後述の定義を満たすものだけが惑星である。英語 planet の語源はギリシア語プラネテス(「さまよう者」「放浪者」などの意)。




  1. ^ wikt:en:πλανήτης
  2. ^ a b c d e f g h i j 別冊日経サイエンス167、p.106-117、系外惑星が語る惑星系の起源、Douglas N. C.Lin
  3. ^ a b c d e f g h i 別冊日経サイエンス167、p.118-125、惑星って何だ?冥王星騒動の顛末、Steven Soter
  4. ^ a b c d e 井田・小久保(1999)、p.10-13、1.太陽系の姿、太陽系の特徴
  5. ^ この発見と主張はクワオアーセドナなどを発見して冥王星が惑星でない端緒を開いたマイケル・ブラウン自身によるもので、現在のところ信ぴょう性が高いと報じられている。Emily Calandrelli (2016年1月21日). “Astronomers Find Evidence Of A Ninth Planet”. Tech Crunch. 2016年1月22日閲覧。
  6. ^ : trans-Neptunian object
  7. ^ : asteroid
  8. ^ : small solar system bodies
  9. ^ [平成19年6月21日 第39回幹事会]
  10. ^ IAU系外惑星ワーキンググループによる惑星(の上限)の定義 Archived 2012年7月4日, at WebCite
  11. ^ Christoph Mordasini, Yann Alibert, Willy Benz, Dominique Naef (2007年). “Giant Planet Formation by Core Accretion”. arXiv:0710.5667 [astro-ph]. 
  12. ^ 井田・小久保(1999)、p.51-54、4.系外惑星、異形の惑星現れる
  13. ^ 井田・小久保(1999)、p.59-61、5..惑星系形成論、セントラル・ドグマの崩壊?
  14. ^ a b 井田・小久保(1999)、p.61-62、5.惑星系形成論、動く巨大惑星
  15. ^ 井田・小久保(1999)、p.62-65、5.惑星系形成論、飛び散る惑星系
  16. ^ 井田・小久保(1999)、p.65-70、5.惑星系形成論、「汎」惑星形成論へ向けて



遊星

出典:『Wiktionary』 (2010/06/15 14:25 UTC 版)

名詞:天体

ゆうせい; 游星)

  1. 惑星別称

用法

「遊星」と「惑星」はともに江戸時代にまでさかのぼる言葉であり、他に「行星」の表記も使われた。明治期学術用語として東京大学閥が「惑星」を、京都大学閥が「遊星」を主張し、現在では「惑星」が一般に広く用いられる。

派生語

名詞:連珠

ゆうせい

  1. 連珠で、三手目までを図のように珠を置いた時の珠形。
関連語 直接打ちの珠形
寒星, 渓月, 疎星, 花月, 残月, 雨月, 金星, 松月, 丘月, 新月, 瑞星, 山月, 遊星
  • 間接打ちの珠形
    長星, 峡月, 恒星, 水月, 流星, 月, 浦月, 嵐月, 銀月, 明星, 斜月, 名月, 彗星



  • 遊星と同じ種類の言葉


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    「遊星」の関連用語

    遊星のお隣キーワード

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       
    検索ランキング



    遊星のページの著作権
    Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

      
    三省堂三省堂
    Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
    株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの惑星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
    Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
    Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遊星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

    ©2020 Weblio RSS