手 (沖縄武術)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 手 (沖縄武術)の意味・解説 

手 (沖縄武術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 22:04 UTC 版)

(ティー、ティ、Tee,Tii、: hand)とは、空手以前に存在したとされる、沖縄県琉球國時代の武術である。


  1. ^ 安里安恒談・松濤筆「沖縄の武技(上)」『琉球新報』大正3年1月17日。
  2. ^ 船越義珍『愛蔵版・空手道一路』榕樹書林、平成16年、95頁参照。
  3. ^ 富名腰義珍『空手道教範』大倉広文堂、昭和10年、2頁。
  4. ^ 摩文仁賢和・仲宗根源和『攻防拳法・空手道入門』榕樹書林、2006年、43頁(復刻普及版)。初版は1938年。
  5. ^ 『沖縄タイムス』1948年7月10日、4頁参照。
  6. ^ 金城裕「唐手から空手へ―その歴史的検証―」『月刊武道』2006年10月号、50頁参照。


「手 (沖縄武術)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手 (沖縄武術)」の関連用語

1
36% |||||

2
36% |||||

3
32% |||||

4
30% |||||

5
18% |||||

6
18% |||||

7
18% |||||


9
16% |||||


手 (沖縄武術)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手 (沖縄武術)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手 (沖縄武術) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS