おこがましいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > おこがましいの意味・解説 

おこがましい

別表記:烏滸がましいをこがましい

主に「出しゃばったまねをする」「身の程知らずなことを言う」「分不相応である」「生意気だ」といった意味で用いられる表現

「おこがましい」の使い所の例としては、たとえば目上の人などに意見具申するような場合に、その「口を挟む」という行為出しゃばった行為であると前置きする(謙譲の意味を込めた)ような言い方が挙げられる。具体的な言い回しとしては、「一介平社員に過ぎない私が会社経営方針口出しするのもおこがましいのですが」といったような言い方あり得る。これに続く内容異見異論疑義あるいは反論などが想定される。

「おこがましい」はもともと古語で「をこ(なり)」「をこがまし」のような形で用いられてきた表現である。「をこ」は漢字では「烏滸」や「痴」と表記されることがあるいずれにしても「馬鹿げている」「馬鹿馬鹿しい」「みっともない」といった(笑いものになるような)意味合いがある。

「おこがましい」と使用場面が共通する表現に「あつかましい」がある。どちらも出過ぎたまね」を指すという点では共通する。「おこがましい」は「分不相応」「身の程知らず」という意味合い中心であるが、「あつかましい」は「厚顔無恥」「いけずうずうしい」という無思慮無遠慮意味合い中心とする。

おこ がまし・い をこ- [5]がましい・烏がましい

[文] シク をこがま・し
原義
分不相応である。さしでがましい出過ぎたことだ。 自分のことにあげて、そんなことを言うとは-・い - ・くも口出しする
いかにもばかげている。全くばかばかしいおりたちて乱るる人は、むべ、-・しきことも多からむ/源氏 紅葉賀
派生 -げ 形動 -さ


おこがましい

出典:『Wiktionary』 (2020/02/29 11:18 UTC 版)

語源

古典日本語「をこがまし」 < 「をこ」 + 接尾辞「がまし」

形容詞

おこがましいがましいがましい

  1. 身の程知らずだ。
  2. いかにも馬鹿げている。物笑いになりそうだ。

発音

東京アクセント
お↗こがまし↘ー
京阪アクセント
おこがま↘しー

活用

おこがまし-い 形容詞活用日本語活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
おこがまし かろ
かっ
けれ (無し)
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
推量意志 おこがましかろう 未然形 + う
否定 おこがましくない 連用形 + ない
過去・完了 おこがましかった 連用形 + た
言い切り おこがましい 終止形のみ
名詞 おこがましいこと 連体形 + こと
仮定条件 おこがましければ 仮定形 + ば
様態 おこがましそうだ 語幹 + そうだ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おこがましい」の関連用語

おこがましいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おこがましいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおこがましい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS