孤高とは?

こ こう -かう [0] 【孤高】

ただひとり、他とかけ離れて高い境地にいること。 「 -の精神」 「 -を持する

孤高

原題:Les Hautes solitudes
製作国:フランス
製作年:1974
配給:スローラーナー
スタッフ
監督:Philippe Garrel フィリップ・ガレル
キャスト(役名
Jean Seberg ジーン・セバーグ (ジーン・セバーグ
Nico ニコ (ニコ
Tina Aumont ティナ・オーモン (ティナ・オーモン
Laurent Terzieff ローラン・テルズィエフ (ローラン・テルズィエフ
解説
16歳映画監督デビューしたフィリップ・ガレルが、1974年に製作したモノクロ・サイレント作品出演は、ガレル映画ミューズだったニコと、「勝手にしやがれ」のヒロイン本作5年後パリ路上で謎の死を遂げジーン・セバーグガレル愛し二人の女性がフィルム焼き付けられている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
音のないスクリーンの中で、ジーン・セバーグが、ニコが、話し笑い泣き怒り抱擁し、そして見つめ返す。ストーリーもセリフも音もなく、タイトルもスタッフやキャストのクレジットすらもない。カメラはただひたすらに、ふたりの美し女性を見つめ続ける。

孤高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/26 09:10 UTC 版)

孤高(ここう)とは、個人の社会生活における1つの態度を表し、ある種の信念や美学に基づいて、集団に属さず他者と離れることで必要以上の苦労を1人で負うような人の中長期的な行動とその様態の全般を指す。本来は俗世間との通行を自ら断って1人で道を求める者の姿を指しており、私利私欲を求めず他者と妥協することなく「名誉」や「誇り」といったものを重視する姿勢から、周囲が「気高さ」を感じるような良い意味での形容に用いられる他に、協調性を欠いた独自の態度を軽く批判する場合にも用いられる。迎合主義の対極に位置する。芸術家指導者に多く存在する。




「孤高」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孤高」の関連用語

孤高のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



孤高のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孤高 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS