イエローバーチとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > イエローバーチの意味・解説 

イエローバーチ


カナダニューファウンドランドから南東部をへて、米国メイン州など北東部から5大湖地方をへて、ジョージア北部テネシー州山地わたって分布しています。比較的低い地域みられる樹種で、1000以上に分布しているのは、アパラチア山脈南部のみです。樹高1824mで:直径は0.75mに達します。北米産のカンバ類のなかの代表的樹種です。

木材
心材辺材の色の差は、はっきりしていることが多いです。辺材淡黄色です。心材は普通、赤褐色ですが、によって色の違いかなりあるといわれています。木理通直で、肌目は精です。年輪の境には、色の濃い線があって、かなりはっきり見えます。木材均一で、その性質日本産のマカンバミズメとほとんど同じと考えてよいでしょう気乾比重は0.71で、重硬な木材といえます。加工は容易で、材面はよく仕上がります。また、塗装仕上がりがよく、扱いやすい木材といえます。

用途
どちらかというと、材面が特別な模様をもたず、ほぼ均質で、これといった特徴をたないので、時代流行にのらずに、むしろ常に一定の根強い需要がある木材といえます。いろいろの用途ありますが、なんといっても、現在では、家具あるいは内装用に用いられるのが中心でしょう器具材、ベニヤ材、靴の木型始め多く用途ありますが、現在では価格が高くなり、目に触れるものは、ほとんど高級家具になっています。日本にも少量ですが、輸入されて家具に使われています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イエローバーチ」の関連用語

イエローバーチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イエローバーチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS