アガチスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > アガチスの意味・解説 

アガチス


20種あり、マライフィリピンを含む東南アジア経てニュージーランド、さらにフィージーニューカレドニアなどにも分布してます。国によっては造林されています。上述たように分布範囲広く、国によってこの類木材に対する呼び名違ってます。東南アジア国々の例を主として表に示しましたフィージーでは、まだ直径大きくメートルをこえるようなものが出材されています。この類木材は、年輪があまりはっきりしていないのと名前が日本の針葉樹のそれとかなり違っているため、広葉樹ではないか思う人が多いようです日本の市場では、ナンヨウヒノキ呼んだりナンヨウカツラ、シンカツラなどと商品名をつけていることが多いので、馴れない混乱することでしょう

木材
心材の色は桃色帯びた灰褐色ないし淡黄褐色などで、均一ではなく、辺材は淡灰褐色で、両者の差はあまりはっきりとはしていません。しばしば、アテ材がみられ、乾燥した際、その部分割れたり大きく収縮したりしますまた、大きな節が出ます耐久性は低いので、湿のあるような処での用途にはむきません。 年輪はっきりしていませんので、肌目は精です加工容易です気乾比重は0.52です。

用途
建築建具家具など。建具としてはドアがよく知られています。家具では、などの引出し側板用いられます。カツラが、かつてはよく用いられ、その代用ということでナンヨウカツラというのでしょう)。



ナギモドキ属

(アガチス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 20:45 UTC 版)

ナギモドキ属学名Agathisアガチス属とも)は、一般にアガチスカウリなどと呼ばれる樹木で、17-8より成る常緑樹の小さなグループである。


  1. ^ a b 米倉・梶田 (2013-).
  2. ^ kauri - Māori Dictionary. 2018年11月3日閲覧。
  3. ^ Farjon, A. (2013). Agathis borneensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T202905A2757743. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T202905A2757743.en. Downloaded on 03 November 2018.
  4. ^ Farjon, A. (2013). Agathis dammara. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T202906A2757847. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T202906A2757847.en. Downloaded on 03 November 2018.
  5. ^ ウォーカー 編 (2006).
  6. ^ Thomas, P. (2010). Agathis moorei. The IUCN Red List of Threatened Species 2010: e.T185863A8493742. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2010-3.RLTS.T185863A8493742.en. Downloaded on 03 November 2018.
  7. ^ Corner & Watanabe (1969).
  8. ^ Farjon, A. (2013). Agathis robusta ssp. nesophila. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T16435549A16435565. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T16435549A16435565.en. Downloaded on 03 November 2018.


「ナギモドキ属」の続きの解説一覧

「アガチス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アガチスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アガチスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナギモドキ属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS