アピトンとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > アピトンの意味・解説 

アピトン [1]apitong

フタバガキ科常緑大高木で、ディプトロカルパス属の樹木総称東南アジア原産で、樹高5060メートル直径1~2メートル達する。フィリピンではアピトン、マレーシアではクルインと呼ぶ。心材は暗赤褐色強度大きく工場床板車両材などに用いる。

アピトン


70種以上があり、インドスリランカビルマタイなどを経てインドシナフィリピンスマトラボルネオバリ分布します。東南アジアから輸出される木材のうち、メランチ類に次いで大量取引きされています。産地によって、呼び名が違っていますので、その一覧表示します。
かっては、表面に出ないよう構造部分強さが必要な用途に用いられることが多かったのですが、最近では、合板材料としても多量に使われています。

木材
心材は濃灰褐色赤褐色などですが、長期間大気さらされる濃色になります。この類の木材は、短い接線状に配列する軸方向細胞間道樹脂道)があることが特徴となっており、このことによってメランチ類から区別出来ます放射組織中にシリカ小さい塊を含んでいます。また、材面には“やに”が滲み出ていることが多く、決して美しとはいえません。この“やに”があることとシリカがあることが、この木材加工難しいものにしています。気乾比重は0.64~0.91(マラヤクルイン)、0.75~0.86 (カンボジア産チューテール)、0.60~0.66(フィリピン産アピトン)などです。耐久性はとくに高くはないが、保存薬剤注入し易いために、処理をして枕木に用いられています。

用途
材面が美しくないため、装飾的要素の必要でない用途に用いられることが、多く構造物防腐処理をして埠頭枕木など、床板羽目板トラック車体などがあります

産地による呼び名(地方名)の違い


アピトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/08 22:21 UTC 版)

アピトンは、東南アジア一帯に分布するフタバガキ科広葉樹


  1. ^ 平井信二「アピトン」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p11-12 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  2. ^ アピトン”. アピトン市場. 2020年4月29日閲覧。


「アピトン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アピトン」の関連用語

アピトンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アピトンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2020 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアピトン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS