イエローメランチとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > イエローメランチの意味・解説 

イエローメランチ


30種あるとされ、マラヤスマトラボルネオフィリピンなどに分布しています。この類の木材地方名はかなり違っており、その、主なものを挙げると表のようになります
イエローメランチの類の丸太には、その中心部にしばしば、アンブロシア類の虫害がみられますが、それが外側からみえないために、丸太評価混乱させますこのようなの跡を中ピン中にあるピンホールという意味)と呼びます。

木材
心材の色は、緑色を帯びた黄褐色で、辺材淡黄白色です。丸太の時は、両者区分ははっきりとしていますが、乾燥するとそれ程ではありません。他のメランチ類と同じように、同心円状配列する軸方向細胞間道樹脂道をもっています。この類の木材が他のメランチ類と異なっているのは、細胞間道をもっていることです。木理交錯しています。他のメランチのうち淡色のものと比較すると、表面仕上りはよくありません。この木材が他のメランチ類に比較して劣るのは、セメント硬化障害をおこすのでコンクリートパネルとして利用するには、表面処理が必要になります。このこともあって、他のメランチ類よりも低く評価されています。気乾比重は0.40~0.82(イエローセラヤ)、0.56(カランチ)などです。辺材部はの害を受け易く、耐朽性は低い方です。

用途
家具指物などに用いられていますが、表面に出るような用途にはむきません。合板にも大量に使われます。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イエローメランチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イエローメランチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS