アフロモジアとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > アフロモジアの意味・解説 

アフロモジア


コクロデュアという名は、ガーナ、コートジュボアールなどの熱帯西アフリカのもので、これらの国々が主産地となって、世界市場輸出されてきています。湿度の高い処にも乾燥している地域にも生育して、かなり大木になります10年以上も前でしょうか同属樹種で、熱帯アジア産のP.moonianaが、スライスドベニヤとされ、何処家具売場をみてもこの木材を使ったものがありました。このアフリカ産の樹種についても同様に扱われていたことでしょう。色がチークに似ていて、濃黄褐色、金褐色ですのでチーク代用として売り出しのでしょうその時期が去ってから本物チーク多く使用されるようになりました。

木材
心材の色は、濃黄褐色、金褐色で、やや色の不均一な部分あります木理通直ないし交錯しており、肌目はチーク比べるとより精です。木材は重硬で、気乾比重は0.71~0.81程度です。耐久性は非常に高いとされています。

用途
この属の木材は、その色がやや似ていて、チーク代替品として用いられることが多いといえます。ただし、チークは、半環孔材なので、板目面には、年輪模様出て来ますので、かなりこの木材とは違ってみえます。また、チークには独特の油状感触ありますが、この類にはありませんので、簡単に区別出来ず家具床板橋梁などに用いられますが、日本場合は、一般にスライスドベニヤにされることが多く家具キャビネット場合にもそのような形で用いられています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アフロモジアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アフロモジアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright

©2021 GRAS Group, Inc.RSS