アカシア マンギュウムとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > アカシア マンギュウムの意味・解説 

アカシア マンギュウム


熱帯地域適す造林用の樹種探すことは、大きな問題となっています。この樹種最近になって大きな注目を浴びるようになったもので、熱帯アジアをはじめ熱帯地域造林されはじめています。原産地オーストラリア北部クインズランドですが、そこではあまり重要な樹種とは考えられておらず、外国へ植えられて驚く程の成長をするようになったものです。とくにサバでは積極的に造林されています。

木材
成長早いのにもかかわらず早くから心材出来ています。心材の色は黄褐色~金褐色で、やや光沢あります辺材黄白色で、心材との色の差はかなりはっきりとしています。一般に若い木材でもやや濃色変色している部分ありますので、木材としては短所になる可能性があるでしょう。肌目はやや粗で、木理はほとんど通直です。気乾比重の値として0.42~0.48あるいは0.68が知られています。造林樹種としてはやや重いといえます。保存性は特に高くはありませんが、保存薬剤処理はしやすいといわれています。

用途
まだ大木が得られていませんので、どのようなものに適するかはわかりません。しかし、現在でも薪炭用として産地だは使われていますし、パルプ用材としても期待されています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アカシア マンギュウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アカシア マンギュウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS