マカンバとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > カンバ > マカンバの意味・解説 

マカンバ

カバノキ科シラカンバ属の落葉広葉樹散孔材漢字では真樺・椛。学名Betula maximowicziana。マカバ、ウダイカンバともいう。重硬で均質な材。肌目は緻密上品な風合がある。加工性良く表面仕上げ良い接着性が良いため、洋家具材床材器具材、造作材などに使用される。ベニヤ材は最高級品。

マカンバ


北海道から本州北中部、また南千島分布します。カンバ類にはこの他、ミズメあるいはヨグソミネバリ:B.grossa.ダケカンバ:B ermaniiなどがあり、前者岩手県以南本州四国九州後者北海道本州北、中部四国朝鮮ソ連沿海州カムチャッカなどに分布します。カンバ類は北半球広く分布しており、それぞれの国で重要な広葉樹材の一つとされています。この他にも、山岳地帯風景一つとして忘れられないシラカンバも、もちろんこの仲間です。木材として重要なものはマカンバとミズメですが、ダケカンバもそれらの代替材として用いられています。注意要するのは、このカンバ類を、とくに用材として用いる場合業界ではサクラカバザクラあるいはミズメザクラ)と呼ぶことが多いことです。もちろんカンバ類ですからサクラ類とは関係がないのですが、このような習慣はすでに明治時代からあります

木材
年輪がはっきりせず、木材はかなり均質といえます。気乾比重は0.50~0.67(平均値)~0.84:ミズメなどで重硬な木材です。このように均質重厚性質が、耐摩耗性が必要で、平らな面がいつまで保持出来るという用件満たすため、カンバの類が体育館の床に幅広く用いられます。カンバ類の色を別表書きました。ミズメ、マカンバなどの心材保存性は中庸で、加工性は、中庸です。良い仕上げ面が得られます。シラカンバ:B.platyphylla var.japonica は淡色で、耐久性が低く、気乾比重は0.60でより軽軟です。

用途
家具あるいは建築内装用としては高級な材料です。器具床板合板、靴の木型などに用いられます。シラカンバアイスクリームの匙や割箸に用いられます。





真樺

読み方:マカンバ(makanba)

ウダイカンバ別称
カバノキ科落葉高木

学名 Betula maximowicziana






マカンバと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マカンバに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マカンバ」の関連用語

マカンバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒノキ

ミズキ

カツラ

ツガ

イヌエンジュ

スギ

キリ

ヤチダモ





マカンバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2018 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2018 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2018 Weblio RSS