及第点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 及第点の意味・解説 

及第点

読み方:きゅうだいてん

及第点とは、合格基準満たしている点数、または最低限基準かろうじて満たしている状態のことである。後者用法で「及第点」を用い際には、合格点数など基準明確に定められていない場合もある。

及第点の語源である「及第」は中国語由来する中国語の「及」は「届く」、「第」は「大きな屋敷」を意味することから、「及第」とは「(官僚試験等に合格すれば)大きな屋敷(で働くこと)に手が届く」といったニュアンスと言える。「及第」に必要な点数として「及第点」という表現使われるようになった

「及第点」は自身の謙遜表現として使うことはできるが、目上の人を評価する際に用いる語として使うのは失礼にあたり、不適切と言える。「及第点」は「取る」「達する」といった動詞と共に用いられることが多くおおむね文脈意味ニュアンスによって使い分けられる。「及第点に達する」には、努力などが報われて概ね基準満たしているといった評価得られたというニュアンスがある。「及第点を取る」には、次のステップへ進むための通過すべき評価かろうじて得ることができたといった意味合いがある。

話者によって基準明確な点数曖昧な「及第点」に対し、「合格点」はその点数が明確かつ客観的に示される。「及第点」と似たニュアンスの「まあまあ」は、実際にはほど良くない場合にも「調子まあまあだよ」といった使われ方をする場合がある


なんとか一定の評価得たといったニュアンスの「及第点」の対義語としては、「落第点」「不合格」などがある。「落第点」は、進級必要な評価得られず「落第」してしまう点数のことである。「不合格」は、合格基準満たしていないため、合格判定得られなかった状態である。


きゅうだい‐てん〔キフダイ‐〕【及第点】

読み方:きゅうだいてん

試験審査などで、合格できる最低点。「―に達する」

及第2」に同じ。「2割8分打てれば―だ」


「及第点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「及第点」の関連用語

及第点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



及第点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS