統一球とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 統一球の意味・解説 

統一球

読み方:とういつきゅう

日本のプロ野球2011年採用されたボール。公式試合はすべて同じ種類ボール使用することで公平性確保することが狙い

ボール (野球)

(統一球 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/19 03:19 UTC 版)

野球においてボール(英:ball)とは、投球判定としてのボールストライクに対するボール球)と、用具としてのボール(野球ボール)がある。




注釈

  1. ^ MLBでは1974年までは馬革製であった[2]
  2. ^ かつてはライヴリー・ボールと言っていた[15]
  3. ^ 明治神宮野球場阪神甲子園球場で7本ずつ、横浜スタジアムで3本、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島ナゴヤドームで2本ずつ、東京ドームで1本。

出典

  1. ^ a b c d 「2011年のボール統一へ検討開始」『週刊ベースボール』2010年2月8日号、ベースボール・マガジン社、 102-103頁。
  2. ^ a b c 福良良一「メジャー硬式球の変遷」『週刊ベースボール』2010年2月8日号、ベースボール・マガジン社、 103頁。
  3. ^ a b c 世界中で同じ・・・プロ野球のボール”. 球太郎の野球雑学ページ. 日本野球機構. 2006年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月21日閲覧。
  4. ^ a b 統一球の反発係数基準値を修正”. 朝日新聞デジタル (2014年1月20日). 2014年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  5. ^ 飛ぶボールの歴史が教えること
  6. ^ 飛ぶボールが阪神公式球!甲子園で空中戦
  7. ^ 球界大揺れ、統一球問題を徹底解説”. エキサイトレビュー (2013年6月12日). 2015年10月11日閲覧。
  8. ^ パ・リーグは熱かった 今井雄太郎&新井宏昌対談 猛者たちの激闘
  9. ^ 門田博光が本塁打増に持論。「打撃を球場サイズに合わせたらあかん」
  10. ^ 統一ボールどう転ぶ プロ野球1軍 来季からミズノ社製
  11. ^ a b “来季からプロ野球12球団に納品する統一球の仕様について” (PDF) (プレスリリース), ミズノ, (2010年8月23日), http://media.mizuno.com/~/media/Files/com/newsrelease/jp/2010/100823.pdf?v=1e37866b-c64f-4a7f-a962-9d29d19e152e 2017年7月21日閲覧。 
  12. ^ “統一球、大量生産で誤差…保管中に反発力低下も”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. (2013年6月18日). オリジナルの2013年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130629181453/http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20130618-OYT1T00019.htm 2017年7月21日閲覧。 
  13. ^ a b 佐山和夫『野球の英語A to Z:佐山和夫が語るアメリカ野球用語』三修社、24-25頁。ISBN 978-4384051773
  14. ^ CorpWatch(英文)”. Transnational Resource & Action Center. 2009年10月23日閲覧。
  15. ^ 『野球の米国』大毎野球団 編、大阪毎日新聞社ほか、1926年、67頁。
  16. ^ プロ野球とボールを巡る問題。
  17. ^ “中日「新・飛ばないボール」来季から使用”. 大阪日刊スポーツ社 なにわWEB. (2004年12月21日). オリジナルの2004年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041230063614/http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-041221-0017.html 2010=02-01閲覧。 
  18. ^ a b 統一球の検証要求=プロ野球選手会[リンク切れ]
  19. ^ a b 鷲田康 (2012年4月29日). “MLBとの親善試合で気づいた、統一球がメジャー球より飛ばない訳。”. Number Web. 文藝春秋. p. 1. 2012年12月22日閲覧。
  20. ^ 鷲田康 (2012年4月29日). “MLBとの親善試合で気づいた、統一球がメジャー球より飛ばない訳。”. Number Web. 文藝春秋. p. 2. 2012年12月22日閲覧。
  21. ^ 力入り過ぎた侍打線、受け身の野球が敗因に=WBC準決勝 日本vs.プエルトリコ 佐野慈紀氏が解説”. スポーツナビコラム. ワイズ・スポーツ (2013年3月18日). 2017年7月21日閲覧。
  22. ^ a b c “NPB白状…統一球こっそり変えてた”. nikkansports.com. (2013年6月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130612-1141196.html 2013年6月12日閲覧。 
  23. ^ “反発係数検査の結果発表 NPB”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2013年6月14日). オリジナルの2013年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615055046/http://mainichi.jp/sports/news/20130615k0000m050048000c.html 2013年6月14日閲覧。 
  24. ^ 週刊ベースボール』2013年6月10日号、ベースボール・マガジン社、 23頁、 雑誌20442-6/10。
  25. ^ “NPB:飛びやすい統一球にこっそり変更”. 毎日.jp. (2013年6月11日). オリジナルの2013年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130614032421/http://mainichi.jp/sports/news/20130612k0000m050091000c.html 2017年7月21日閲覧。 
  26. ^ “統一球問題:NPB事務局、対応に追われる”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年6月12日). オリジナルの2013年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615164041/http://mainichi.jp/sports/news/20130612k0000e050192000c.html 2013年6月12日閲覧。 
  27. ^ “阿部「明らかに飛んでいる」ボール変更発覚も選手に驚きなし”. スポーツ報知. (2013年6月12日). オリジナルの2013年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130612030456/http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130611-OHT1T00168.htm 2013年6月12日閲覧。 
  28. ^ “衝撃!!飛ぶボールに変更されていた”. デイリースポーツONLINE. (2013年6月12日). オリジナルの2013年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130612102820/https://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2013/06/12/0006068783.shtml 2017年7月21日閲覧。 
  29. ^ “NPB、飛ぶボール認めた!選手会が突き上げ”. サンケイスポーツ. (2013年6月12日). オリジナルの2013年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615221757/http://www.sanspo.com/baseball/news/20130612/npb13061205070002-n3.html 2017年7月21日閲覧。 
  30. ^ “加藤コミッショナー「知らなかった」”. nikkansports.com. (2013年6月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130613-1141707.html 2017年7月21日閲覧。 
  31. ^ “「不祥事ではない」/一問一答”. nikkansports.com. (2013年6月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130613-1141771.html 2017年7月21日閲覧。 
  32. ^ “統一球検査、随時報告受けていた 加藤コミッショナー”. 朝日新聞デジタル. (2013年6月14日). オリジナルの2013年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615024144/http://www.asahi.com/sports/update/0614/TKY201306140380.html 2017年7月21日閲覧。 
  33. ^ 今季は昨季よりも飛ぶ 統一球の反発係数基準値上回る”. MSN産経ニュース (2014年4月10日). 2014年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  34. ^ “NPBが規定を改正、反発係数基準値の上下限を撤廃”. sanspo.com. (2015年2月3日). オリジナルの2015年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150402091846/http://www.sanspo.com/baseball/news/20150203/npb15020317370001-n1.html 2015年3月4日閲覧。 
  35. ^ “軟式ボールの規格変更=バウンド抑え、飛距離維持-野球”. 時事ドットコムニュース. (2016年12月1日). オリジナルの2016年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161202113247/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120100906&g=spo 2017年7月21日閲覧。 
  36. ^ “野球の軟式ボール、硬式に近い感覚に 12年ぶり新公認”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年12月1日). http://www.asahi.com/articles/ASJD14V5FJD1UTQP00S.html 2017年7月21日閲覧。 
  37. ^ ハートの新球 5つの秘密”. 2019年8月2日閲覧。
  38. ^ 2009公認野球規則2.04
  39. ^ Evolution of 19th Century Baseball Rules (Continued)”. 19th Century Baseball. 2010年2月1日閲覧。


「ボール (野球)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統一球」の関連用語

統一球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



統一球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボール (野球) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS