火の玉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 火の玉の意味・解説 

ひ‐の‐たま【火の玉】

球状の火のかたまり。特に、夜、墓地などで空中を飛ぶという火のかたまり鬼火人魂(ひとだま)。

激しく闘志を燃やすようすなどをたとえていう語。「火の玉となって戦う」


火の玉

作者安芸

収載図書ちょっとおかしな話
出版社七月
刊行年月2003.5


火の玉

読み方:ひのたま

  1. 弱気カンカンといふこと。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火の玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/11 00:32 UTC 版)

火の玉ひのたま




「火の玉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火の玉」の関連用語

火の玉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



火の玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火の玉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS