本職とは?

本職

読み方:ほんしょく

(1)主とする職業。それで生計立てている第一職業類義語に「本業」、対義語に「副職」などを挙げることができる。
(2)その道の専門家プロ片手間でこなすアマチュアとの対比で用いる表現

ほん しょく 【本職】

[0] ( 名 )
その人生計立てている主たる職業本業。 「歌人として有名だが-は医者だ」
それを専門にしている人。くろうとプロ。 「いくらうまいといっても-にはかなわない」 「 -はだしの腕前
歌舞伎で、その俳優に最も適した役柄
[1] ( 代 )
一人称官職にあるものが自分をさしていう語。本官


本職(プロ)

作者大藪春彦

収載図書ザ・戦闘
出版社徳間書店
刊行年月1988.1
シリーズ名徳間文庫

収載図書現金強奪
出版社飛天出版
刊行年月1993.11
シリーズ名飛天文庫


本職

作者新田友香

収載図書ねこがこたつで...
出版社日本文学館
刊行年月2005.12


プロフェッショナル

(本職 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 07:50 UTC 版)

プロフェッショナル (: professional)は、短縮形で「pro プロ」とも言うが、次のような意味があり、
まずは形容詞的用法が根底にあり、


  1. ^ a b c d e f Oxford Dictionaries Lexico "professional"
  2. ^ Oxford Dictionaries Lexico "profession"
  3. ^ ほとんど誰でも、はじめてやってもできるような「ただの作業」や「ただのjob」をするような仕事ではない、とことにもなる。
  4. ^ 「公言する、標榜する」が語源である。
  5. ^ specialistの対義語は : generalist ゼネラリスト
  6. ^ 例えばMicrosoft Windows XPに一般向けの「Home Edition」および、高機能版の「professional」が提供・販売された。
  7. ^ 皮肉なことに、近代オリンピックの大会が成功すればするほど人々の注目を集め、人の注目を集めれば集めるほど、アスリートたちは国家の宣伝の道具としても利用(悪用)され、スポーツ用品関連企業からも宣伝の道具として利用(悪用)されるようになり、直接的に動く金銭も、また裏でこっそりと渡される金銭の額も、さらに入賞者(メダリスト)たちが大会後に副次的に得る金銭的な見返りも増えていったのである。皮肉なことに、スポーツ大会は成功すればするほど、スポーツの世界を「政治的な思惑」や「金儲けの欲得」などの不純な要素で汚染させてしまい、腐敗させていってしまったのである。また、まるで禁酒法のように、禁止規定が強ければ強いほど、皮肉なことに、一部の悪事を行う者ばかりが より一層の利得を得る結果を招いてしまった。)
  8. ^ Harald Fischer:スポーツとビジネス
  9. ^ ArndKrüger :スモールビジネスのオーナーとしての競技選手。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本職」の関連用語

1
76% |||||

2
小職 国語辞典
76% |||||

3
当職 国語辞典
76% |||||

4
本官 国語辞典
76% |||||


6
70% |||||


8
32% |||||

9
32% |||||


本職のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



本職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロフェッショナル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS