2021年シーズンとは? わかりやすく解説

2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 06:46 UTC 版)

カーソン・ウェンツ」の記事における「2021年シーズン」の解説

引退によりエースQBフィリップ・リバース失ったインディアナポリス・コルツに、2021年ドラフト3巡目指名権条件付き2022年ドラフト2巡目指名権ウェンツコルツスナップ75%に参加すれば1巡目指名なるもの―と交換トレード移籍したシーズンでは、開幕前に足の手術を受け、シーズン中足首の捻挫COVID-19プロトコル入りなどのアクシデント見舞われた。それでもウェンツ全試合先発達成し27タッチダウン挙げたチームシーズン最終盤までプレーオフ争い演じていたが、勝てばプレーオフ進出となる最終週地区最下位ジャクソンビル・ジャガーズ相手不覚取りポストシーズン進出逃した

※この「2021年シーズン」の解説は、「カーソン・ウェンツ」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「カーソン・ウェンツ」の記事については、「カーソン・ウェンツ」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 02:01 UTC 版)

ウィリアムズ・FW43」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバー両名とも続投マシン基本設計前年型を引き続き使用することが義務付けられているが、空力コンセプト変更可能でありラッセルによれば風の影響を受けやすくなるものの、条件整った時に速さ発揮することを狙ったマシンとして開発されたとコメントしている。 今シーズンマシンドライバー含め格段に進化成長成し遂げ第9戦オーストリアGPラッセルチーム2018年イタリアグランプリ以来予選Q3進出記録もたらした決勝11完走)。第11戦ハンガリーGPでは両ドライバーQ1敗退するも、決勝ではダブル入賞果たす。第12戦ベルギーGPでは、ラッセルQ3進出フロントロー獲得し翌日決勝荒天の為、通常のレース走行行われなかったものの、ハーフポイントレースの要件満たした形かつほぼ予選時の順位のまま終了その結果ラッセルF1キャリア初の2位表彰台獲得した

※この「2021年シーズン」の解説は、「ウィリアムズ・FW43」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「ウィリアムズ・FW43」の記事については、「ウィリアムズ・FW43」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 00:52 UTC 版)

アストンマーティン・AMR21」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバーランス・ストロールスクーデリア・フェラーリより移籍したセバスチャン・ベッテル昨年活躍から期待かかったものの、バーレーンにて行われたプレシーズンテストにおいてトラブル生じたため走行早めに切り上げる場面見られるなど、不安の残る形で開幕戦迎えた開幕戦となったバーレーンGPでは、ベッテルQ1敗退喫しストロールQ3進出したものの10位と昨年速さとは遠い結果終わってしまう。そして決勝ではベッテルアルピーヌエステバン・オコン追突してしまう結果となるが、ストロール10入賞果たした。しかし、レギュレーション改正出遅れてしまったことによって昨シーズン速さ影を潜めてしまい、ストロールは2戦まで入賞果たすが、ベッテル開幕4戦をノーポイントで終えてしまい不安の声が目立つ形となった。それでも第3戦で第4以来となるQ3進出果たし、第5戦で予選8番手スタートから決勝は5位となり今季初入賞を記録、さらに第6戦では予選11番手に終わったものの、決勝でのレース戦略功を奏して2位チェッカーを受け、チーム初の表彰台もたらした第11戦でも波乱のレースかいくぐ2位フィニッシュを飾るものの、レース後にFIAベッテルマシンから0.3リットル燃料サンプルしか抽出できず、技術規則定められた1.0リットル届かなかったことにより失格裁定下り貴重なポイントを失う羽目になってしまった。また、ストロール自身コンスタントポイントを稼ぐなどの活躍を見せている。

※この「2021年シーズン」の解説は、「アストンマーティン・AMR21」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「アストンマーティン・AMR21」の記事については、「アストンマーティン・AMR21」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:14 UTC 版)

アルファロメオ・C41」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバーキミ・ライコネンアントニオ・ジョビナッツィコンビ継続2021年9月1日ライコネン今シーズン限り引退することを発表した第13戦オランダグランプリでは、ジョビナッツィが今シーズン初のQ3進出達成し7番グリッド獲得するライコネン新型コロナウィルス感染した為、本グランプリテストドライバークビサ代走する。 第14戦のイタリアグランプリでは、前のグランプリ引き続きクビサ代走務める。このグランプリではイタリア自動車メーカーアルファロメオのホームグランプリとなった特別塗装施される

※この「2021年シーズン」の解説は、「アルファロメオ・C41」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「アルファロメオ・C41」の記事については、「アルファロメオ・C41」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 07:17 UTC 版)

レッドブル・RB16」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバーマックス・フェルスタッペン とアルボンに代わってレーシング・ポイントから放出されセルジオ・ペレス起用、アルボンはリザーブ降格となった。 プレシーズンテストは好調でフェルスタッペン3日を通じテストでのトップタイムを記録新加入のペレス3日目午前セッション暫定トップタイム記録テストでのマシンパフォーマンスだけを見れば前年よりタイトルに近い位置にいると分析されていた。 開幕戦バーレーンGPは、予選タイヤ選択ミスにより、ペレス11番手のQ2敗退となるが、フェルスタッペンポールポジション獲得決勝フェルスタッペンメルセデスルイス・ハミルトントップ争いバトル最後まで繰り広げる2位レース終える。ペレスフォーメーションラップでマシントラブルに追われピットレーンスタートとなるが、その後追い上げにより5位でレース終えた第2エミリア・ロマーニャGPでは、ペレス2番手、フェルスタッペン3番手で予選終えた決勝3位スタートフェルスタッペンホールショット奪いトップに立ち、レースの大半リードし今季初優勝第3戦と第4戦では、リアウイング仕様フリー走行中に変更するなどセットアップ難しさも顔を覗かせ、2戦ともにフェルスタッペン表彰台獲得するも、メルセデス勝利を許したメルセデス先行されたまま迎えた第5戦モナコGPから第9戦オーストリアGPにかけて5連勝記録ホンダエンジンパワーユニット搭載車では1988年以来レッドブル・レーシングにとっては2013年以来となったまた、第5戦終了時には両タイトル(ドライバーズ・コンストラクターズ)でポイントリーダーとなった。第6戦アゼルバイジャングランプリでは、レースの大半リードしていたフェルスタッペンタイヤバーストによりリタイアとなったが、2位ペレス代わって首位に立ち、レッドブルでの初優勝飾った第10戦イギリスGPは、フェルスタッペンF1史上初スプリント予選レース制しポールポジション獲得したが、決勝ハミルトンとの接触によりリタイアペレスレース最終盤にファステストラップ獲得優先し16位でフィニッシュ第11戦ハンガリーGPでは、昨年と同様アンダーステア症状悩まされた。スペインGP同じくリアウイング仕様を変更するなど対策講じたものの、結果的に予選Q3ではハミルトンから0.4秒も遅れてしまった。更には決勝スタート直後に発生した多重クラッシュに両ドライバー巻き込まれペレスリタイアフェルスタッペンマシン大きくダメージ負い順位落としたものの10位でレース終えた他車失格より後に9位)。これによりタイトルメルセデス逆転した夏休み明け第12戦ベルギーGPは、コンディション不良により史上最短のレースとなり、与えられたポイントもハーフポイントとなったが、ホンダとの50の節目を優勝飾った36年ぶりに開催され第13戦オランダGPではフェルスタッペン母国優勝飾り再びポイントリーダーに。第14イタリアGPでは、ハンガリーGP続いてマシン問題露呈レーキによるドラッグタイムロス打ち消程のコーナリングスピード確保することができず、予選ポールポジションのボッタスからは0.4秒遅れる結果となった決勝ではフェルスタッペンハミルトンと再び接触し共にリタイア。この事故の非はフェルスタッペンにあるとしてロシアGPで3グリッド降格ペナルティ科された。 第15ロシアGPでは前述のペナルティがあったことからフェルスタッペン追加PU投入し最後尾からスタートレース終盤まで7位を走行していたが、終盤降り出し、インターミディエイトへタイミング良く交換したことが功を奏し2位ゴールチャンピオンシップへのダメージ最小限に留めた。第16戦トルコGPは、1965年メキシコグランプリ優勝飾ったRA272を模した特別デザインRB16B参戦し、それに合わレーシングスーツも白を基調したものとなったレースではボッタスにこそ敵わなかったものの、フェルスタッペン2位ペレスハミルトン抑え込むなどの活躍を魅せ3位入りフランスGP以来のW表彰台獲得した。第17アメリカGPではメルセデス有利の下馬評覆しフェルスタッペンポールポジション獲得決勝でもアグレッシブな戦略トップ守りきり、フェルスタッペン今季8勝目挙げ3位にはペレス入り2戦連続のW表彰台果たした

※この「2021年シーズン」の解説は、「レッドブル・RB16」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「レッドブル・RB16」の記事については、「レッドブル・RB16」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 00:56 UTC 版)

フェラーリ・SF21」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバーシャルル・ルクレールマクラーレンから移籍してきたカルロス・サインツJr.ラインナップで迎える昨シーズンスクーデリア・フェラーリコンストラクターズランキング6位と大不振な結果終了し、両ドライバー共にノーポイントで終わレース予選Q1Q2ノックアウトしたグランプリ存在した今シーズンは大不振から脱出するためにマシン大幅改良に加えチーム組織改革断行する。 プレシーズンテストではサインツ総合タイム3位を出しチーム代表マッティア・ビノットは「車体パワーユニットともに、確実に改善している」と今シーズンマシン自信見せたシーズン前戦は第1戦と第2戦と2回連続ダブル入賞果たし、ますますな滑り出し果たす。特にルクレール表彰台に1歩及ばないものの第4戦まで4位入賞と6位入賞繰り返し記録する。第5戦の モナコグランプリではルクレール2019年以来ポールポジション獲得し決勝ではサインツチーム移籍以来初の2位表彰台獲得した。第6戦のアゼルバイジャングランプリでも2戦連続ルクレールポールポジション獲得し決勝ではダブル入賞果たす。第7戦のフランスグランプリでは両ドライバーノーポイントで終わるが、第10戦イギリスグランプリ決勝ではルクレールがしばらくトップ走っていたがレース終盤ハミルトン追い越され2位レース終える。第11戦ハンガリーグランプリでは、ルクレールが1コーナー多重クラッシュ巻き込まれリタイアとなったが、サインツ3位表彰台獲得する本来の結果4位だったが、2位レース終えたアストンマーチンベッテル失格となった為、順位1つ繰り上げられ3位表彰台となったシーズンを通して高い安定感見せ前年17戦中5回のみだったダブル入賞回数22戦中17回に達し2年連続となるシーズン未勝利終わったものの優勝経験したマクラーレンアルピーヌ大きく上回るポイントコンストラクターズランキング3位返り咲く活躍を見せた

※この「2021年シーズン」の解説は、「フェラーリ・SF21」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「フェラーリ・SF21」の記事については、「フェラーリ・SF21」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 01:38 UTC 版)

メルセデスAMG・F1 W12 E Performance」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバールイス・ハミルトンバルテリ・ボッタスコンビ継続。 プレシーズンテストでは、ギアボックストラブル発生しテスト初日午前中失ったルイス・ハミルトン(以下、ハミルトン称す)のチームメイトバルテリ・ボッタス(以下、ボッタスと称す)も、扱いづらい車だとコメントしておりW12苦戦強いられたハミルトン2度スピン喫し総合タイム順位下位沈んだ開幕戦バーレーングランプリでは、予選ではレッドブルマックス・フェルスタッペンに0.4秒の差をつけられハミルトン2位、ボッタスが3位スタートをする。決勝ではフェルスタッペンとのバトル繰り広げられたが最終的にはハミルトンが0.7秒の差をつけて優勝、ボッタスはハミルトン37秒差3位となったが、ファステストラップ記録した第2戦のエミリア・ロマーニャグランプリは、予選ハミルトン今年度初のポールポジション獲得し2位セルジオ・ペレス3位マックス・フェルスタッペン僅かな差でリードした。ボッタスの順位は8位に留まり苦戦した決勝では31目にハミルトンターン9でスリップし順位落としたが、怒涛追い上げにより2位獲得ファステストラップ記録した。ボッタスは翌32目でウィリアムズジョージ・ラッセル接触しリタイアとなった第3戦のポルトガルグランプリでは、ボッタスがポールポジションハミルトンフロントローそれぞれ獲得しメルセデス前列占めた決勝では20目にハミルトンがボッタスを抜きトップ守りきり優勝し、ボッタスはファステストラップ記録して3位入った第4戦のスペイングランプリでは、予選ではハミルトンポールポジション獲得し、このグランプリハミルトンは計100回目ポールポジション獲得した決勝では、1周目の1コーナーフェルスタッペン抜かれるが、残り6周のところでハミルトン抜き返し1位獲得した。 第5戦のモナコグランプリは、昨年は2019新型コロナウイルス世界的流行により当グランプリ中止となり、2年振り開催となった予選はボッタスがフロントローハミルトンが7位となったが、決勝ではボッタスがピットタイヤ交換をした際にトラブル発生しリタイア強いられハミルトンアンダーカット仕掛けて順位上げようとしたが失敗し7位入賞留まったこれによりドライバーズランキングではフェルスタッペン暫定1位となり、コンストラクターズランキングレッドブルと1ポイント差で2位に沈む結果となった。 第6戦のアゼルバイジャングランプリでは、ハミルトン2番手、ボッタスが10番手でスタートする決勝では赤旗により残り2周残した態でスタートとなった。しかしハミルトンが1コーナーでタイヤロックし順位大幅に落としてしまい、ハミルトン15位、ボッタスが12位でゴールした両者がノーポイントでレース終えるのは2018年オーストリアグランプリ以来となった。 第7戦のフランスグランプリでは、ハミルトン2番手、ボッタスが3番手でスタートし、1コーナーフェルスタッペンがコースオフしハミルトン首位に立つハミルトンはしばらくリード守っていたが残り2周のところでフェルスタッペンオーバーテイクされ2位レース終えた。ボッタスは1ストップのみで粘ってみせるもののレッドブルの両ドライバーオーバーテイクされ4位終わった第8戦シュタイアーマルクグランプリは、トルコグランプリ中止となった今シーズンレッドブル・リンクで2週連続開催されることとなる。(トルコグランプリ後にシンガポールグランプリ代替となる)このグランプリではFP2でボッタスがピットスピンをしてしまうミス発生しFIAが「危険な走行」と見なし3グリッド降格ペナルティ下されるその為予選ではボッタスは2番手を獲得した5番手からスタートとなり、3番手を獲得したハミルトン2番手に繰り上げられた。決勝ではボッタスが5番手から3位まで順位上げ表彰台獲得しハミルトン2位表彰台獲得ファステストラップ記録した第9戦オーストリアグランプリ先週引き続きレッドブル・リンク開催された。予選Q3進んだものの結果はますますで、ハミルトン4番手、ボッタスが5番手からスタートとなった決勝では20目にハミルトン2位まで上げるが、その後48目に1コーナーでコースオフしマシンダメージ受けたため順位落とし4位レース終えた。ボッタスはハミルトンが先を譲り2位まで上がりその後マクラーレンランド・ノリス2位争い繰り広げるそのまま逃げ切り2位表彰台レース終えた第10戦イギリスグランプリでは、金曜日FP1予選土曜日FP2スプリントレース実施され今までグランプリとは異なスケジュールとなった予選ではハミルトンポールポジション、ボッタスが3番となった。この順位翌日スプリントレーススターティンググリッドとなる。スプリントレースではハミルトン2番手でボッタスが3番手となり、ハミルトンに2ポイント、ボッタスに1ポイント加点された。決勝では1ラップフェルスタッペン接触しハミルトン10ペナルティ課されるも、速さ実力見せつけて優勝獲得した第11戦ハンガリーグランプリでは、予選ではメルセデスが1列目を占め好調だったが、決勝では追われボッタスがスタート後に多重クラッシュ起こしそのままリタイア。(後にグランプリ時5グリッド降格ペナルティとなる)レース再開後は天気回復しハミルトン3位レース終えたが、2位ベッテル失格となった2位表彰台獲得した第12戦ベルギーグランプリハミルトン3番グリッド、ボッタスが12番グリッド(前グランプリペナルティを含む)の結果となった決勝大雨の中始まるが、フォーメーションラップレッドブルペレスクラッシュしたためレース中断され、約3時後にセーフティーカー先頭レース再開するが、断続的に降り続き、さらに路面濡れきっていた為わずか3周でレース中止された。本レース規定周回数の75%を満たしていない為ハーフポイントとなった

※この「2021年シーズン」の解説は、「メルセデスAMG・F1 W12 E Performance」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「メルセデスAMG・F1 W12 E Performance」の記事については、「メルセデスAMG・F1 W12 E Performance」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:23 UTC 版)

デショーン・ワトソン」の記事における「2021年シーズン」の解説

ワトソンフロントコーチ変更理由としてシーズン当初からトレード希望したワトソンセクシュアルハラスメント容疑持ち上がりワトソンは2021年シーズンには1試合プレーしなかった。

※この「2021年シーズン」の解説は、「デショーン・ワトソン」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「デショーン・ワトソン」の記事については、「デショーン・ワトソン」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 12:59 UTC 版)

カッレ・ロバンペラ」の記事における「2021年シーズン」の解説

2021年トヨタから参戦開幕戦最終日パンク喫し4位終わるが、初開催となった母国での第2戦アークティック・ラリーでは優勝したヒュンダイオィット・タナックに次ぐ2位表彰台獲得開幕2戦を終え史上最年少ドライバーズランキング首位立った。しかし第3クロアチアではオープニングステージでコースオフを喫しリタイアとなった以降上位争いながらマシントラブルが多発し第6戦まで不調続いたが、第7戦エストニア念願の初優勝果たしチーム代表ヤリ=マティ・ラトバラ持っていた最年少優勝記録塗り替えた。また父親ハリ・ロバンペラ2001年スウェーデン優勝者であることから、史上初親子WRCウィナーとなった。続く初開催ベルギー3位アクロポリス・ラリーではSS3トップに立つそのまま他を寄せ付けない速さ見せ最終パワーステージでもトップタイムをマークし自身初のフルポイントで2勝目獲得したこの時点では初チャンピオン可能性残していたが、母国戦のフィンランドではクラッシュ喫し34位、スペインは5位、モンツァは9位と精彩を欠いた。しかし年間ランキングでは昨年上回る4位となり大きく飛躍したシーズンとなった

※この「2021年シーズン」の解説は、「カッレ・ロバンペラ」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「カッレ・ロバンペラ」の記事については、「カッレ・ロバンペラ」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:09 UTC 版)

トム・ブレイディ」の記事における「2021年シーズン」の解説

2021年シーズン第4週ではかつての本拠地であったジレット・スタジアムにて古巣ペイトリオッツ対戦した。この試合でバッカニアーズは19-17勝利を収めブレイディQBとして史上4人目となる全32チームからの勝利を達成した。またこの試合にて通算のパスヤードが80,359ヤードとなり、NFL歴代最多パスヤードとなった第7週シカゴ・ベアーズ戦でNFL史上初となる600回目のタッチダウンパスを達成した第14週バッファロー・ビルズ戦ではオーバータイムにて、プレーオフ含めて通算700回目のタッチパスを挙げチーム勝利貢献した第18週カロライナ・パンサーズ 戦にてシーズンでのパス獲得ヤードが5,000越えたパス5,000ヤード達成するのは2011年シーズン以来のことで、44歳での達成NFL史上最年長記録となった最終的なシーズン成績パス719回中485回を成功させて5,316ヤードタッチダウン43回を挙げこれらの数字リーグトップ数字であったチーム地区優勝はしたものの、プレーオフ準決勝この年スーパーボウル王者となるラムズ破れた。 ディビジョナル・プレーオフ敗退直後からブレイディ引退報道流れ当初はバッカニアーズも本人も引退否定していたが、2月1日正式に引退発表した。だが同年3月イギリスに訪門した際、プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFCv.s.トッテナム・ホットスパーFCを生観戦しクリスティアーノ・ロナウドハットトリック3-2勝利に導く姿を目の当たりにし試合オールド・トラフォード控室訪問した際に、ロナウドから 「もう引退したんでしょ!?と声掛けられ36歳にして第一線活躍する姿に触発される形で13日引退撤回表明2022年シーズンもバッカニアーズで現役続行する発表した

※この「2021年シーズン」の解説は、「トム・ブレイディ」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「トム・ブレイディ」の記事については、「トム・ブレイディ」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:38 UTC 版)

SEパルメイラス」の記事における「2021年シーズン」の解説

パンデミックの影響で、ブラジルでは通常であれば年内に終了するシーズンが、2020年シーズン2021年3月までずれ込んだ影響で2021年シーズンは短いブランク挟んですぐに開始された。そのため2021年男子プロチーム公式戦合計91試合が行われ、クラブ史上最多となったパルメイラス昨シーズン好調な結果影響して過酷なスケジュール消化しながらコンディション維持して結果を残す必要に迫られていたが、昨シーズン結果として出場果たしたスーペルコパ・ド・ブラジルレコパ・スダメリカーナともにPK戦落とし、続くカンピオナート・パウリスタ準優勝終わりシーズン前半はタイトルに手が届かず終わる。 その後コパ・リベルタドーレス照準合わせ8月17日準々決勝でここ10年来最強謳われていたダニエウ・アウヴェス擁するサンパウロFCセカンドレグ結果破り、続く9月28日にはこのシーズンのセリエAタイトル獲得したフッキジエゴ・コスタ擁する、さらに強敵アトレチコ・ミネイロセカンドレグ結果により辛くも破り、2シーズン連続一年間2度目コパ・リベルタドーレス決勝戦駒を進める11月27日ウルグアイ首都モンテビデオにあるエスタディオ・センテナリオで、一戦のみの一発勝負行われたブラジル最強との呼び声の高いフラメンゴとの決勝戦延長戦にまでもつれ込んだが、交代出場したデイヴェルソンが決勝点挙げ、この大会で三度目となる一年間二度となる二シーズン連続優勝果たす。コパ・リベルタドーレス二連覇果たしたのは2000年シーズン2001年シーズン制したボカ・ジュニアーズ以来20年ぶりのことであった年が明けて男子トップチームは、昨シーズン歴代南米代表クラブとしては最下位4位という結果雪辱を晴らすために、2022年2月3日から12日までアラブ首長国連邦アブダビ開催されFIFAクラブワールドカップ2021に臨む。デビュー戦となった準決勝FIFAクラブワールドカップ20203位決定戦PK先の末、辛酸を嘗めアル・アハリ対戦して 2-0 で屠り決勝へと順当に駒を進めるも、現地時間2月12日行われた欧州覇者チェルシーFCとの決勝戦において接戦末の延長戦でのペナルティエリア内でのハンドによるPKにより世界タイトル届かず終わる。 その他、2021年シーズンは女子プロチーム通称パレストリーナス)の大幅な強化行いブラジレイロン女子において準優勝果たしたほか、育成年代の各カテゴリー活躍著しく12月22日にパウリスタンU-20を5連覇により、5シーズン男子プロ女子プロ育成年代合計100タイトル獲得するという記録打ち立てて2021年シーズンを終えた

※この「2021年シーズン」の解説は、「SEパルメイラス」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「SEパルメイラス」の記事については、「SEパルメイラス」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 11:41 UTC 版)

佐久間朱莉」の記事における「2021年シーズン」の解説

ステップアップツアー飛び超して推薦7月22日開幕レギュラーツアー大東建託・いい部屋ネットレディス」でプロデビュー飾った。この大会予選落ちしたが、8月26日開幕の「ニトリレディスゴルフトーナメント」では予選通過位してイーブン34タイ入りプロとして初の賞金獲得したその後9月17日開幕の「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」でも1アンダー27タイ入りプロとして順調なスタート切った11月ステップアップツアー京都レディースオープンでプロ初優勝トップ合格特典として、2022年試合出場をかけた予選会QT)の1次免除されファイナルQTでも14位となり翌年前半戦ツアー出場権獲得したQTリランキングー

※この「2021年シーズン」の解説は、「佐久間朱莉」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「佐久間朱莉」の記事については、「佐久間朱莉」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:49 UTC 版)

パトリック・マホームズ」の記事における「2021年シーズン」の解説

3月12日マホームズ前年結んだ契約再構築行ったこれによりチーフスは1,700ドルのキャップスペースを確保した1週目のブラウンズ戦では、パス3TDランで1TD合計337ヤード稼ぎ、33-29で勝利したAFC週間最優秀攻撃選手選ばれた。2週目のレイブンズ戦でマホームズインターセプト喫し試合にも破れた9月試合でのインターセプト敗北キャリア初のことだった。 5週目はビルズ戦での計61ヤードラッシング54回のパス試投はそれぞれキャリア最高記録だったが、試合には20-38で敗れた10点差以上をつけられての敗北は、2月スーパーボウル続いて2度目レギュラーシーズンでは初めてのことだった。2週後の第7週では、タイタンズ3-27破れた。3得点マホームズ先発になってから最小の得点だった。6試合連続インターセプト自己最長後半には2度ファンブル喫し、7試合目にて早く自己のシーズン最多ターンオーバー数記録したBYE明けとなった9週目のパッカーズ戦には勝利したが、キャリア最低のパス166ヤード終わった。被インターセプトなしは第1週以来で、連続インターセプト試合は6試合終わった。その翌週レイダース戦では、406ヤード 5タッチダウン投げ、41-14で勝利した400ヤード、5TD 以上を記録したのは3度目で、NFL記録並んだ過去に記録しているのは、ジョー・モンタナダン・マリーノペイトン・マニング殿堂入り選手3名である。 15目のチャージャーズ戦では、410ヤード3TD投げキャリア7度目の試合400ヤードパスとなったそのうちのひとつは、延長でのサヨナラTDとなるトラビス・ケルシーへの34ヤードパスだった。 レギュラーシーズンではパス 4,839ヤード37タッチダウン13インターセプトキャリア最低)でQBレーティング先発になってからは最低の98.5だった。チーム12勝5敗で、6年連続地区優勝となったマホームズ先発定着して以降4年連続での12勝以上と地区優勝続けている。 プレイオフ初戦ワイルドカードでは、スティーラーズホーム迎えたが、マホームズワイルドカードゲーム出場するのは初めてのことだった。マホームズ404ヤード、5TD、1INTで、試合は42-21で勝利した404ヤードは、プレイオフにおけるチーム最高記録だった。ディビジョナルラウンドではビルズ対戦したマホームズ378ヤード3TDに加えて走って69ヤード1TDを記録し延長の末42-36で勝利した第4Qの2minから、オーバタイム終了までマホームズ177ヤードパス投げたマホームズ先発になってから4年連続4度目となるAFCチャンピオンシップでは、ベンガルズ相手275ヤード投げ3TD獲得した一方でオーバータイムでの一つを含む2インターセプト喫し、27-24で敗れた

※この「2021年シーズン」の解説は、「パトリック・マホームズ」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「パトリック・マホームズ」の記事については、「パトリック・マホームズ」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 20:50 UTC 版)

ニューヨーク・シティFC」の記事における「2021年シーズン」の解説

ブラジル人FWチアゴとターレス・マグノ、元アメリカ代表アルフレド・モラレスウルグアイU-23代表MFサンティアゴ・ロドリゲスを補強東地区において4位シーズン終了その後プレーオフではファイナルまで勝ち上がりフィラデルフィア・ユニオン2-1勝利し初のMLSカップ進出決勝ポートランド・ティンバーズ対戦し延長PK戦末にクラブ史上初MLSカップ優勝初タイトル獲得した

※この「2021年シーズン」の解説は、「ニューヨーク・シティFC」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「ニューヨーク・シティFC」の記事については、「ニューヨーク・シティFC」の概要を参照ください。


2021年シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 00:25 UTC 版)

ハース・VF-21」の記事における「2021年シーズン」の解説

ドライバーニキータ・マゼピンミック・シューマッハコンビ起用

※この「2021年シーズン」の解説は、「ハース・VF-21」の解説の一部です。
「2021年シーズン」を含む「ハース・VF-21」の記事については、「ハース・VF-21」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2021年シーズン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2021年シーズン」の関連用語

2021年シーズンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2021年シーズンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカーソン・ウェンツ (改訂履歴)、ウィリアムズ・FW43 (改訂履歴)、アストンマーティン・AMR21 (改訂履歴)、アルファロメオ・C41 (改訂履歴)、レッドブル・RB16 (改訂履歴)、フェラーリ・SF21 (改訂履歴)、メルセデスAMG・F1 W12 E Performance (改訂履歴)、デショーン・ワトソン (改訂履歴)、カッレ・ロバンペラ (改訂履歴)、トム・ブレイディ (改訂履歴)、SEパルメイラス (改訂履歴)、佐久間朱莉 (改訂履歴)、パトリック・マホームズ (改訂履歴)、ニューヨーク・シティFC (改訂履歴)、ハース・VF-21 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS