譬えとは?

たとえ〔たとへ〕【例え/×譬え/喩え】

たとえること。また、たとえられた語句事柄比喩。「—に引く」

同じような例。「世間の—にもれない」


たとえ たとへ 【譬・喩】

〔名〕 (動詞「たとえる(譬)」の連用形名詞化異質物事類似点をとらえ、連想させること。また、わかりやすく引きあいに出し語句引用の例。たとしえ

万葉(8C後)七・一一三七宇治人の譬(たとへ)の網代吾ならば今は寄らまし木屑(こつみ)来ずとも」

源氏100114頃)若菜上古へ世のたとへにも、さこそはうはべにははぐくみげなれと、らうらうじきたどりあらむも賢きやうなれど」


たとしえ たとしへ 【譬】

〔名〕 =たとえ(譬)

叢書謡曲(1765頃)「我が君が代のたとしへに足らじな」


譬え

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 06:26 UTC 版)

漢字混じり表記

(たとえ)

  1. たとえ参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「譬え」の関連用語

譬えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



譬えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの譬え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS