古賀紗理那とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 古賀紗理那の意味・解説 

古賀紗理那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 03:23 UTC 版)

古賀 紗理那(こが さりな、女性、1996年5月21日 - )は、日本のバレーボール選手。V.LEAGUE Division1のNECレッドロケッツに所属している[1]




  1. ^ a b c d e Vリーグ機構. “所属選手”. 2015年2月7日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “第41回 全日本中学生バレーボール選手権大会 - 優秀選手名”. 2013年1月8日閲覧。
  3. ^ 日本バレーボール協会. “JOCジュニアオリンピックカップ - 特別表彰選手”. 2013年1月8日閲覧。
  4. ^ 日本バレーボール協会. “第9回アジアユース女子バレーボール選手権大会 - 試合結果”. 2013年1月8日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “男子は星城、女子は下北沢成徳が高校日本一! 第65回全日本高等学校選手権大会”. 2013年1月17日閲覧。
  6. ^ msn産経ニュース. “優秀選手に下北沢成徳・小笹ら”. 2013年1月15日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “2013年全日本女子”. 2013年4月16日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “「世界一を知る」 火の鳥NIPPONが2013年シーズンに向けて始動 新キャプテンは木村沙織選手!”. 2013年5月13日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “古賀紗理那選手が高校2年生で全日本デビュー イタリア4カ国対抗開幕”. 2013年6月8日閲覧。
  10. ^ 月刊バレーボール 2013年9月号 160ページ
  11. ^ FIVB. “China crown splendid year with another gold medal”. 2013年10月13日閲覧。
  12. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  13. ^ テレビ熊本. “信愛バレー古賀紗理那選手 NECレッドロケッツ入団決定”. 2015年1月23日閲覧。
  14. ^ NECレッドロケッツ. “2015年度内定選手のお知らせ”. 2015年1月23日閲覧。
  15. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報”. 2015年2月16日閲覧。
  16. ^ 集英社. “【女子バレー】リオ五輪出場権獲得へ、カギを握るのは古賀紗理那”. 2016年1月29日閲覧。
  17. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST SCORERS”. 2016年1月29日閲覧。
  18. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST Servers”. 2016年1月29日閲覧。
  19. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST RECEIVERS”. 2016年1月29日閲覧。
  20. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年3月24日閲覧。
  21. ^ 月刊バレーボール 2013年6月号 6-7ページ
  22. ^ 金蘭会高校が初優勝! 平成26年度全国高等学校総合体育大会 女子バレーボール競技大会 日本バレーボール協会
  23. ^ Vリーグ機構. “2015/16V・プレミアリーグ女子大会 V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ”. 2016年3月13日閲覧。
  24. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月20日閲覧。


「古賀紗理那」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古賀紗理那」の関連用語

古賀紗理那のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



古賀紗理那のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古賀紗理那 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS