スプリットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > スプリット > スプリットの意味・解説 

スプリット【Split】


スプリット【split】


スプリット(クロアチア)

ディオクレティアヌス宮殿

スプリットはアドリア海面したダルマチア地方中心都市です。ザダールからは約150km、ドブロブニクからは約200km。港を囲む一帯フェリーターミナル遠距離バスターミナル鉄道駅があり、たいへん交通の便利な観光地です。街の中心には世界遺産にも指定されている、ローマ皇帝ディオクレティアヌス宮殿ありますまた、大聖堂の塔には登ることもでき、アドリア海とスプリットの街を見渡すことができます


スプリット

読み方すぷりっと
【英】:Split

スプリットは日本語分かれる分解するという意味2つボール同時に投げ両手分かれて落ちてくるようにする投げ方はスプリットマルティプレックスと呼ばれている。

2つボールをスプリットで投げる事はそれほど難しい事ではない。というよりマルティプレックス投げようとすると、自然にボール分かれていくのがむしろ普通である。3ボールスタート最初に2個のボールをスプリットで投げカスケードスタートさせる事ができる。この2個のボール足の下や背中後ろなどいろいろなところから投げる事ができるであろう。

5つボールを常にスプリットマルティプレックスで投げると不思議な事にパターン続いていく。何も考えなくても必要なときに2つボール手にあるのである。このパターンを5ボールスプリットと呼ぶ。尚、この原理7つボールでも(あるいは9個のボールでも)使える

スプリットスローをサイトスワップ表現すると[45]もしくは[67]のようになる理論上はこの2つボールの高さは微妙に異なということになるのだろうが、実際は同じ高さ投げて問題ない


スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 03:22 UTC 版)

スプリット (split)




「スプリット」の続きの解説一覧

スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 18:14 UTC 版)

JIG-AI VS. ASS TO MOUTH (2008年) ポーランドのポルノグラインドバンド、Ass To Mouthとのスプリット。

※この「スプリット」の解説は、「ジガイ」の解説の一部です。» 「ジガイ」の概要を見る


スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 18:14 UTC 版)

JIG-AI VS. ASS TO MOUTH (2008年) ポーランドのポルノグラインドバンド、Ass To Mouthとのスプリット。

※この「スプリット」の解説は、「ジガイ」の解説の一部です。» 「ジガイ」の概要を見る


スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 18:51 UTC 版)

送信受信異な周波数用い方式をスプリットと呼ぶアマチュア無線の場合は、1局のCQ呼出し多数の局が応答する交信において呼出側が受信する周波数の範囲指定して識別をしやすくする場合各国法制度上電波を発射出来周波数帯が違う場合(例:7MHz帯は2009年までアメリカ諸外国電話通信バンドの位置大幅に異なっていた)などに用いられる送受信異な周波数帯用い交信はクロスバンドと呼び双方向同時全二重通話などに用いられる業務無線において、送信受信異な周波数用い運用方式の場合は最初からその仕組み無線機プリセットされているか、チャネル切替スイッチ連動して切り替わるようになっており、運用者細かく操作することはできない

※この「スプリット」の解説は、「トランシーバー (無線機)」の解説の一部です。» 「トランシーバー (無線機)」の概要を見る


スプリット


スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 06:34 UTC 版)

両脚それぞれ反対方向に伸びている姿勢体側方向伸びているものをストラドル・スプリット、身体の前後方向伸びているものをフロント・スプリットという。日本語では「股割り」。グラン・ジュテやアラベスク・パンシェなど、多くのムーブメント見られる

※この「スプリット」の解説は、「バレエ用語の一覧」の解説の一部です。» 「バレエ用語の一覧」の概要を見る


スプリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 00:38 UTC 版)

1投目ヘッドピン倒れ残りピン隣接しない状態で残ること(4・58・9のように同一平面隣接する場合を含む)。スコアでは、倒したピン本数を○で囲む。

※この「スプリット」の解説は、「ボウリング」の解説の一部です。» 「ボウリング」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スプリット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スプリットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スプリットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スプリットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスプリット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジガイ (改訂履歴)、ジガイ (改訂履歴)、トランシーバー (無線機) (改訂履歴)、モーションレス・イン・ホワイト (改訂履歴)、バレエ用語の一覧 (改訂履歴)、ボウリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS