支配下選手登録とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 支配下選手登録の意味・解説 

しはいかせんしゅ‐とうろく【支配下選手登録】

日本のプロ野球で、球団選手契約し、所属連盟会長承認を得ること。1球団につき70人まで登録できる。


支配下選手登録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 03:32 UTC 版)

支配下選手登録(しはいかせんしゅとうろく)は、日本野球機構(NPB)に所属するプロ野球の球団、及び日本女子ソフトボールリーグ機構に所属する社会人ソフトボールのチームが特定の選手との間で排他的かつ独占的に契約を結べる状態であることを各リーグに届け出ることをいう。一般には一軍と二軍を合わせた、1チームに所属する全選手のことを意味する。支配下登録とも書かれる。この中から更に出場選手登録される選手が選び出される。こちらがいわゆる一軍選手で、それ以外は二軍となる。


  1. ^ その後の制度の変化もあり、この例外が適用されたのは、1992年に広島に入団した古河有一(ジョー古河)が唯一の事例となっている。
  2. ^ 西武多和田復活へ契約保留期間は21年1月9日まで - 2019年12月24日 日刊スポーツ
  3. ^ a b “バニスター“懲罰解雇”重大な契約違反で制限選手(制度の解説や制度導入の経緯も)”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2011年4月3日). オリジナルの2011年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110405082021/http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20110402-OHT1T00271.htm 2020年2月20日閲覧。 
  4. ^ 一般社団法人日本野球機構. “制限選手 | 2011年度公示” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月19日閲覧。
  5. ^ 一般社団法人日本野球機構. “制限選手 | 2011年度公示” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月19日閲覧。
  6. ^ 一般社団法人日本野球機構. “制限選手 | 2015年度公示” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月19日閲覧。
  7. ^ 一般社団法人日本野球機構. “制限選手 | 2020年度公示” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2020年2月19日閲覧。
  8. ^ “ソフトバンクのコラスがメジャー目指し亡命か”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年1月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001040000058.html 2020年2月20日閲覧。 
  9. ^ ソフトBコラス、契約無効を主張 共同通信2020年6月10日


「支配下選手登録」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「支配下選手登録」の関連用語

支配下選手登録のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



支配下選手登録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの支配下選手登録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS