失笑とは?

失笑

読み方:しっしょう

失笑(しっしょう)とは、本来は「こらえきれずに笑ってしまう」という意味であるが、世間的には「笑いも出ないくらい呆れ返る」という意味と解釈されていることの多い表現である。

「失笑」の本来の意味は「(笑ったりするべきでない場面で)笑いをこらえきれず吹き出してしまう」ということ。つまり、笑ってはいけない場面OUTになることである。たとえば、壇上真面目に演説している人が珍妙言い間違いをし、聴衆が思わずプークスクスと笑ってしまう、というよう笑いが(本来の)失笑に該当する。しかし近年では、「失笑」の意味を「笑えないほど呆れる」という意味と認識している人が多く、その割合過半数達している。

2011年文化庁公表した世論調査では、前者(本来の意味)と理解している人の割合が27.7%、後者誤用)と認識している人の割合は60.4%に上っている。世代30代以下に限れば8割前後の人が誤用であるはずの意味合い認識していたという。

失笑の「失」の字には、「失敗する」「しくじる」という語義もある。たとえば失言失政失策といった語彙は、「あやまって~する」「~をしくじる」という意味で「失」の字用いられている。「失笑」もこれに該当する。つまり本来は「誤って笑ってしまう」と解釈するべき語彙であることが察せられる。

そして現代的な(本来は誤用とみなすべき)「失笑」は、「笑いを失う」「笑い失せる」という字義解釈しているものと推察される。

しっ‐しょう〔‐セウ〕【失笑】

[名](スル)思わず笑い出してしまうこと。おかしさのあまり噴き出すこと。「場違い発言に失笑する」

[補説] 文化庁発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「こらえ切れず吹き出して笑う」で使う人が27.7パーセント、本来の意味ではない「笑いも出ないくらいあきれる」で使う人が60.4パーセントという逆転した結果が出ている。


しっ‐しょう ‥セウ 【失笑】

〔名〕 思わずふき出して笑うこと。

実隆公記明応元年(1492)一一紙背徳大寺実淳書状)「昨日雑談一々思立失笑之体候」

江戸繁昌記(1832‐36)二「叟惶遽(〈注〉うろたへ)し、衆失笑(〈注〉フキダス)す」〔呉志‐歩伝・裴松之注〕


失笑

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:56 UTC 版)

名詞

(しっしょう)

  1. 笑ってならないような場面おかしさ堪え切れず吹き出し笑うこと。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「失笑」の関連用語

失笑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



失笑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの失笑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS