松ヤニとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 松ヤニの意味・解説 

まつ‐やに【松脂】

などの幹の傷口から分泌される樹脂特有の匂いがあり、無色ないし淡黄色液体であるが、揮発成分を失うと固化する。テレビン油含み水蒸気蒸留によって除去するとロジンが得られる。松膏(しょうこう)。


松脂

(松ヤニ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 01:52 UTC 版)

松脂(まつやに、しょうし、: Pine resin)は、マツ科マツ属の木から分泌される天然樹脂のこと。主成分はテレビン油ロジン




「松脂」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松ヤニ」の関連用語

松ヤニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松ヤニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS