柔らかとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 柔らか > 柔らかの意味・解説 

やわら‐か〔やはら‐〕【柔らか/軟らか】

形動[文]ナリ

ふっくらとして堅くないさま。また、しなやかなさま。「—な餅」「—な布団」「—なからだ」

おだやかなさま。柔和なさま。「—な日ざし」「—な言い方

堅苦しくないさま。融通がきくさま。「—な話」「若い人の—な考え方


やわら‐か やはら‥ 【柔━・和━・軟━】

形動〕 (「か」は接尾語

手ざわり肌ざわりふんわりしているさま。弾力性に富むさま。やわらかいさま

地蔵十輪経元慶七年点(883)一「成熟して潤沢(うる)ひ香(きらきら)しく耎(ヤハカニ)美(うま)くあらしめむ」

性格気持様子言動などがおだやかなさま。柔和また、柔順なさま。

催馬楽7C後‐8C)貫河「やはら手枕(たまくら) 也波良加(ヤハラカ)に 寝(ぬ)る夜はなくて 親離(さ)くる夫(つま)」

源氏100114頃)帚木「いとやはらかにの給ひて、おに神もあらだつまじきけはひなれば」

厳しくないさま堅苦しくないさま。また、世事通じてくだけているさま。

十訓抄(1252)一「邵伯が政のやはらかなりし、州民甘棠の詠をなし、羊祜が意の広かりし門客峴亭の碑をたてけり」

ほんのりとした暖かみがあって快いさま。

十六夜日記(1279‐82頃)「よつのうみ 波もしづかに をさまりて 空ふく風も やはらかに もならさず」

(5) よくこなれたさま。なめらかなさま。

平家13C前)一一「舌のやはらかなるままに、君の御事な申そ」

(6) 本来の厳しさ欠けなまぬるいさま。

俳諧広原海(1703)九「やはらかな事やはらかな事・上方喧嘩江戸の噺声」

(7) 考え方などが、かたくなでなく柔軟性があるさま。

読書放浪(1933)〈内田魯庵上下思想とルパシカ思想然ういふ出来損ひや未成品末流思想が却って案外にも頭のまだ柔かな青年に喜ばれ又共鳴される事も亦否み難い」


柔らか

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:57 UTC 版)

和語の漢字表記

らか(やわらか)

  1. やわらか漢字表記



柔らかと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柔らか」の関連用語

柔らかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



柔らかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの柔らか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS