優秀選手賞とは? わかりやすく解説

優秀選手賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 08:09 UTC 版)

都市対抗野球大会」の記事における「優秀選手賞」の解説

ポジション別に選出される指名打者含む)。全体として20人前後選ばれる。特に規定はないがおおむね準々決勝以上に進出したチーム所属選手選出される

※この「優秀選手賞」の解説は、「都市対抗野球大会」の解説の一部です。
「優秀選手賞」を含む「都市対抗野球大会」の記事については、「都市対抗野球大会」の概要を参照ください。


優秀選手賞


優秀選手賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 23:38 UTC 版)

アスレティックス・アワード」の記事における「優秀選手賞」の解説

その年において優秀な成績おさめた競技者選手所属成績など2007 世界選手権男子4×100mリレーメンバー 塚原直貴東海大学末續慎吾ミズノ高平慎士富士通朝原宣治大阪ガス男子4×100mリレー世界選手権5位(予選決勝アジア新記録樹立)。 福士加代子ワコール女子5000m世界選手権14位、日本選手権優勝(4連覇)。女子10000m世界選手権10位、日本選手権優勝(6連覇)。 2008 室伏広治ミズノ男子ハンマー投オリンピック3位日本選手権優勝14連覇)。 山崎勇喜長谷川体育施設男子20km競歩オリンピック11位。男子50km競歩オリンピック7位(競歩種目日本勢初の入賞)、日本新記録樹立日本選手権優勝(5連覇)。 2009 尾崎好美第一生命女子マラソン世界選手権2位マラソン銀メダル獲得日本勢6年ぶり)。 渕瀬真寿美大塚製薬女子20km競歩世界選手権7位(オリンピック含めて女子競歩種目日本勢初の入賞)、日本新記録樹立世界選手権男子4×100mリレーメンバー 江里口匡史早稲田大学塚原直貴富士通高平慎士富士通藤光謙司セーレン男子4×100mリレー世界選手権4位4×100mリレー過去最高順位タイ、5大会連続入賞)。 中村友梨香天満屋女子10000m世界選手権7位(女子トラック種目日本勢10年ぶりの入賞)。 佐藤敦之中国電力男子マラソン世界選手権6位。 加納由理セカンドウィンドAC女子マラソン世界選手権7位。 2010 村上幸史スズキ浜松AC男子やり投アジア大会優勝日本選手権優勝11連覇)。 海老原有希スズキ浜松AC女子やり投アジア大会優勝同種目で日本勢28年ぶりの金メダル獲得日本新記録樹立)、日本選手権優勝3連覇)。 2011 森岡紘一朗富士通男子50km競歩世界選手権6位(50km競歩日本勢過去最高順位)、日本選手権優勝(初)赤羽有紀子ホクレン女子マラソン世界選手権5位。 2012 中本健太郎安川電機男子マラソンオリンピック6位。 オリンピック男4×100mリレー 山縣亮太慶應義塾大学江里口匡史大阪ガス高平慎士富士通飯塚翔太中央大学男子4×100mリレーオリンピック5位(予選日本歴代2位の記録マーク)。 2013 木﨑良子ダイハツ女子マラソン世界選手権4位新谷仁美ユニバーサルエンターテインメント女子10000m世界選手権5位、日本選手権優勝(初)山本聖途中京大学男子棒高跳世界選手権6位(棒高跳日本勢過去最高順位)、日本選手権優勝2連覇)。 2014 谷井孝行自衛隊体育学校男子50km競歩アジア大会優勝50km競歩日本勢初の金メダル獲得大会新記録樹立)。 アジア大会男子4×400mリレーメンバー 金丸祐三大塚製薬藤光謙司ゼンリン飯塚翔太ミズノ加藤修也早稲田大学高平慎士富士通男子4×400mリレーアジア大会優勝4×400mリレー日本勢16年ぶりの金メダル獲得)。 2015 荒井広宙自衛隊体育学校男子50km競歩世界選手権4位日本選手権優勝(初)伊藤舞大塚製薬女子マラソン世界選手権7位。 鈴木雄介富士通男子20km競歩世界新記録樹立世界選手権出場世界リレー男子4×100mリレーメンバー 大瀬戸一馬法政大学藤光謙司ゼンリン桐生祥秀東洋大学谷口耕太郎中央大学男子4×100mリレー世界リレー3位世界大会リレー種目2008年オリンピック以来メダル獲得2016年リオデジャネイロオリンピック出場権獲得)。 2016 荒井広宙自衛隊体育学校男子50km競歩オリンピック3位競歩種目日本勢初のメダル獲得)。 澤野大地富士通男子棒高跳オリンピック7位(棒高跳日本勢64年ぶりの入賞)。 松永大介東洋大学男子20km競歩オリンピック7位。 2017 世界選手権男子4×100mリレーメンバー 多田修平関西学院大学飯塚翔太ミズノ桐生祥秀東洋大学藤光謙司ゼンリンケンブリッジ飛鳥Nike男子4×100mリレー世界選手権3位 サニブラウン・アブデル・ハキーム東京陸協) 男子200m世界選手権7位 2018 井上大仁(MHPS) 男子マラソンアジア大会優勝マラソン日本勢32年ぶりの金メダル獲得)。 山本聖途トヨタ自動車男子棒高跳アジア大会優勝池田向希東洋大学男子20km競歩第28回IAAF世界競歩チーム選手権大会優勝同大会の20km競歩日本人初の金メダル獲得)。同大団体戦優勝2019 世界選手権男子4×100mリレーメンバー 多田修平住友電工白石黄良々セレスポ桐生祥秀日本生命サニブラウン・アブデル・ハキームフロリダ大学小池祐貴住友電工男子4×100mリレー世界選手権3位決勝日本記録及びアジア記録樹立)。 戸邉直人JAL男子走高跳IAAFワールドインドアツアー総合優勝同大会で日本人総合優勝全種目通じて初)。同種目で日本記録樹立山西利和愛知製鋼男子20km競歩世界選手権優勝同大会の20km競歩日本人初の金メダル獲得)。 2020 金井大旺ミズノ田中希実豊田自動織機TC相澤晃旭化成2021 山西利和愛知製鋼男子20km競歩2020東京オリンピック銅メダル獲得田中希実豊田自動織機TC女子1500m日本記録樹立したことによって、この種目で日本勢初めてのオリンピック出場獲得2020東京オリンピックで、自身の日本記録予選準決勝2度にわたって更新した末に決勝で8位に入賞三浦龍司順天堂大学男子3000メートル障害で、1年間日本記録3度更新2020東京オリンピック同種目で3度目更新果たした末に日本勢としてはオリンピック史上初めて7位に入賞鈴木健吾富士通この年終了したびわ湖毎日マラソン最後の優勝者で、非アフリカ系フルマラソン選手としては初めて、ゴールタイムが2時間5分突破2時間4分56秒の日本記録樹立)。

※この「優秀選手賞」の解説は、「アスレティックス・アワード」の解説の一部です。
「優秀選手賞」を含む「アスレティックス・アワード」の記事については、「アスレティックス・アワード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「優秀選手賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「優秀選手賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優秀選手賞」の関連用語

優秀選手賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優秀選手賞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの都市対抗野球大会 (改訂履歴)、2021-22シーズンのWEリーグ (改訂履歴)、アスレティックス・アワード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS