ピアッツァとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ピアッツァの意味・解説 

ピアッツァ

英語 Piazza

ピアッツァとは、イタリア語広場のこと。初代モデル1981年6月発売した。このクルマ117クーペに代わって生まれてきたモデルで、スタイリングイタリアG.ジウジアーロが手がけた。

シャシーFRジェミニのものだが、ホイールベースジェミニの2405mmに対してわずかに長い2440mmあった。エンジン直4の2L・SOHC・120psと、同DOHC・135psの2種で、ミッションは5速MTと4速ATを選べた。スイッチ集中させたサテライト・スイッチが目新しかった。

なお、このクルマ発売に伴いヤナセから自社扱いたい旨の申し入れがあり、いすゞ はそれに応じ、PAネロというヤナセバージョンをつくっていく。ブラックボディカラー特徴で、81年6月最初モデルデビューした。

82年3、4月に4車種追加発売。高級仕様XES走り追求XG若者向けのXJ-S、そしてベラという女性仕様車だった。6月には廉価版ラインアップ

84年6月ヤナセ仕様ネロ含めてターボエンジンを追加、180psのハイパワー売り物たった。9月ヘッドランプを角型4灯タイプ変更バンパーウレタンに変えた。10月には、標準車も同様の改良施した。85年11月、イルムシャーバージョン追加ネロにも同じモデル設定した。2Lターボエンジンで、180psの性能は同じ。エアロパーツ足まわり強化レカロシート、ハロゲンヘッドランプなどを特別装備したモデルだった。

87年2月リヤシートをバケットタイプの2人掛けとして、定員4人になった。8月テールランプ大型化をはかり、チルト式のサンルーフオプション設定した。

88年6月ハンドリングbyロータス追加。リヤサスペンションは3リンクから5リンクに変わりアームストロングダンパーBBSアルミホイールポテンザRE71タイヤなどを装着していた。エンジンSOHC・2Lターボ最高出力150psを誇った。

91年9月フルモデルチェンジで2代目となった。実態はジェミニ・クーペと同じだったが、リヤクォーターピラーの処理は別で、正確にはいすゞ インパルス/ジオ・ストーム(GMチャンネル用)としてアメリカ向けにつくったモデル国内用に仕立て直したもの。個性であるセミ・リトラクダブルのヘッドランプは引き継がれた。エンジンは1.8L・DOHC16バルブNAの150psで、FFタイプとなった。サスペンションロータス社のチューニングヤナセ用も同時にフルチェンジしたが、93年6月生産中止、2代でピアッツァアの名前は消えた

ピアッツァ

ピアッツァ_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ピアッツァ

名前 Piazza

ピアッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/05 15:56 UTC 版)

ピアッツァPiazza)は、イタリア語広場の意味。英語読みはピアザとなる。




「ピアッツァ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピアッツァ」の関連用語

ピアッツァのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピアッツァのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピアッツァ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS