コーヒーブレイクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > コーヒーブレイクの意味・解説 

コーヒーブレイク


コーヒー‐ブレイク【coffee break】

読み方:こーひーぶれいく

仕事会議の途中などでとる、短い休憩時間コーヒーブレーク


コーヒーブレイク

作者望月広海

収載図書天使なんかじゃない
出版社桜桃書房
刊行年月1996.9
シリーズ名FUDGE NOVELS


コーヒーブレイク

作者山本幸久

収載図書はなうた日和
出版社集英社
刊行年月2005.7

収載図書はなうた日和
出版社集英社
刊行年月2008.5
シリーズ名集英社文庫


コーヒーブレイク(ホットコーヒー問題)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 18:05 UTC 版)

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」の記事における「コーヒーブレイク(ホットコーヒー問題)」の解説

詳細は「ホットコーヒー問題を参照 先述のように本作ガールフレンド付き合えるシステムがあり、親密度高めるとデート終わりに相手からコーヒー誘われる。これにプレイヤー応じると、カメラ建物外に固定された状態で喘ぎ声ベッドの軋みといった性行為表現する音声流れる。 SA性的表現は、このような間接的なに留めており、ESRBレーティング17歳上向けの「Matureであった。しかし、このコーヒーブレイクは、実はミニゲームとして性行為が行えるプログラム組み込まれた状態にあり、それは発売にあたって実装されず、機能自体封印されいたものの、データとして依然として存在していた。また、このミニゲームは、ミニゲームとは言えキャラクター全裸部屋着スキン(肌)データから、体位変更といったことも可能な仕様であった当時38歳オランダ人MOD製作者パトリック・ウィルデンボルフ(PatrickW)は、この隠されたミニゲーム発見し、「HotCoffeeホットコーヒー)」というMODロック解除できるようにした。このことによって、本来は封印されていた性的なミニゲーム直接的な性描写)が明らかとなり、(元々GTAシリーズ世論非難があったが)アメリカで大きな社会問題となった当初はデータ存在否定していたロックスター社も、最終的にはデータ存在認め販売元親会社テイクツー・インタラクティブと共に各種対応や訴訟問題解決あたった。このことによって、ESRBレーティング直接的な性描写を含む「Adults Only 18+」に引き上げられたが、後に該当データ削除したバージョン発売し、「Mature」に戻った日本語版においては、コーヒーブレイクのシステムあるものの、性的ミニゲームデータ除去をし、喘ぎ声といった音声流れシーン全面にわたってカットされている。

※この「コーヒーブレイク(ホットコーヒー問題)」の解説は、「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」の解説の一部です。
「コーヒーブレイク(ホットコーヒー問題)」を含む「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」の記事については、「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コーヒーブレイク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コーヒーブレイク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーヒーブレイク」の関連用語

コーヒーブレイクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーヒーブレイクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグランド・セフト・オート・サンアンドレアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS