合繊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 紡績 > > 合繊の意味・解説 

ごう‐せん〔ガフ‐〕【合繊】

読み方:ごうせん

合成繊維」の略。


合成繊維

(合繊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 10:12 UTC 版)

合成繊維(ごうせいせんい、: synthetic fiber)とは、低分子の製造原料から合成によりつくられた高分子の組成の化学繊維[1]。合繊と略す。合成高分子の構造には縮合高分子の繊維(ナイロンポリエステル)と重合高分子の繊維(アクリルポリプロピレン)がある[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k 下村 寿「繊維の分類」『繊維製品消費科学』第8巻第5号、1967年、 271-278頁、2020年6月21日閲覧。
  2. ^ 齋藤勝裕; 山下啓司 『絶対わかる高分子化学』 講談社サイエンティフィク、2005年、142頁。ISBN 4-06-155057-8 


「合成繊維」の続きの解説一覧

合繊

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:40 UTC 版)

名詞

ごうせん

  1. 合成繊維

発音(?)

ご↗ーせん

翻訳




合繊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

合繊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合繊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成繊維 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合繊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS