採るとは? わかりやすく解説

と・る【取る/執る/採る/捕る/撮る】

読み方:とる

【一】[動ラ五(四)

手の中におさめる。手に持つ

手でつかむ。握って持つ。「その本を—・って見てください」「胸ぐらを—・る」

手に持って動かす。手を働かして何かをする。操作する。「舵(かじ)を—・る」

㋒(手を持って教えたり導いたりする。「手—・り、足—・りして教える」

㋓(捕る)動物などをつかまえる。「セミを—・る」「銛(もり)でを—・る」

㋔(「(作物を)穫る」「(動物を)獲る」とも書く)生きていくための、えものや作物手に入れる。収穫したり、捕獲したりする。「山菜を—・って暮らしを立てる

㋐(執る)(手で)うまく動かして、事を行う。処理する。「事務を—・る」「指揮を—・る」

そのような考え方固く守る主張する。「中立の立場を—・る」「強硬な態度を—・る」

いろいろな方法自分のものにする。

相手からもらってこちらのものにする。手に入れる。「金メダルを—・る」「休みを—・る」「免許を—・る」「税金を—・られる」

㋑(その家の者として)人を迎え入れる。「内弟子を—・る」「婿を—・る」

注文して届けさせる。いつもそこで買う。「お昼にすしを—・る」「酒はあの店から—・る」「新聞を—・る」

㋓(「盗る」とも書く)人のもの無理に自分のものとする。盗む。奪う。「力ずくで財布を—・る」「現金だけ—・られた」

召し上げる没収する。「官職を—・る」

自分のものにすることを前もって約束する予約する。「芝居の席を—・る」

㋖身にひきうける。「責任を—・る」「正直だという評判を—・る」「父の跡を—・る」

㋗客として相手をする。「芸者が客を—・る」

㋘(年などを)かさねる。「年を—・る」

㋐身につけているものをはずしたり、ぬいだりする。(一時的に)からだから離す。「帽子を—・る」「ネクタイを—・る」

㋑(そこにある不用のもの、余分なものを)他へ移す。除き去るそこからなくする。「しみを—・る」「痛みを—・る」「かたきを—・る」

同類のものを広く多く集める。採取する。「木の実を—・って食糧にする」

㋑(採る)多くの中から選んで決める。採用したり、選択したりする。「気に入った品を—・る」「新卒者を—・る」

㋒(採る)選んでどちらかのほうに決める。「可否を—・る」「南に針路を—・る」

㋓(採る)みちびき入れる。「明かりを—・る窓」

㋔(「摂る」とも書く)必要なものとして体内とり入れる。「栄養を—・る」

材料原料からとり出したり作り出したりする。製する。「豆から油を—・る」

形をまねて作る。(記して)形を残す。「入れ歯の型を—・る」「不動の姿勢を—・る」「メモを—・る」

数量をはかる。数える。調べる。「統計を—・る」「寸法を—・る」「タイムを—・る」「脈を—・る」

㋐(人の心おしはかったり、要点を押さえたりして)うまくことをすすめる。「ごきげんを—・る」「バランスを—・る」

調子を合わせる。「拍子を—・る」「歩調を—・れ」

そのことのために場所や時間などを必要とする。「手間を—・る仕事」「大きすぎて場所を—・る」

10 そのように解釈したり、判断したりする。解する。「文字どおりに—・る」「悪く—・る」

11 相撲カルタなどの遊びをする。「一番—・ろうか」「花札を—・る」

12

㋐(撮る)写真を写す。「記念写真を—・る」

写し作る。「コピーを—・る」

㋒(「録る」とも書く)録画する録音する。「フルハイビジョンカメラで—・る」

13 (「…にとって」の形で)…としては。…の立場からは。「彼の死は経済界に—・って大きな痛手だ」

[可能] とれる

【二】[動ラ下二「とれる」の文語形

[下接句] 揚げ足を取る当たりを取る虻蜂(あぶはち)取らず・彝(い)を秉(と)る・暇(いとま・ひま)を取る・裏を取る猿猴(えんこう)月を取る・後れを取る鬼の首を取ったよう音頭を取る・舵(かじ)を取る・気を取られる機嫌気褄(きづま)を取る・機嫌を取る牛耳を執る教鞭(きょうべん)を執る消し口を取る・堅(けん)を被(こうむ)り鋭(えい)を執る木盾(こだて)に取る・小褄(こづま)を取る・采(さい)を採る・鞘(さや)を取る・質(しち)に取る・死に水を取る尺を取る酌を取る章を断ち義を取る陣を取る・先(せん)を取る・損して得取る大事を取る盾に取る・短を舎(す)て長を取る・褄(つま)を取る・手に手を取る手に取るよう手を取る手玉に取る天下を取る得を取るより名を取れ年を取るとっこに取る(とんび)に油揚(あぶらげ)を取られたよう・名を捨てて実を取る名を取る中を取る鳴くは鼠(ねずみ)を捕らぬ・盗人(ぬすびと)の上前(うわまえ)を取る・箸(はし)を取る・引けを取る・庇(ひさし)を貸して母屋取られる左褄(ひだりづま)を取る・人の褌(ふんどし)で相撲を取る暇を取る不覚を取る筆を執る面を取る股立(ももだち)を取る・涼を取る労を取る


採る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:21 UTC 版)

和語の漢字表記

採 る

  1. とるを参照

「採る」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

採るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの採る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS