奥の院とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 奥の院の意味・解説 

おく‐の‐いん〔‐ヰン〕【奥の院】

寺社本堂本殿より奥にあって、開山祖師霊像神霊などを祭った所。

人目触れない奥深い所。

女陰をいう俗語


おくのいん 【奥の院】

寺院で、本殿より奥にあって、秘仏などを安置してある建物

奥の院

読み方:おくのいん

  1. 奥の院。女陰殊にその深部をいふ。俗語。「片膝立てていびつな奥の院」「洗足かすかに拝む奥の院」「奥の院鈴ふり立てて拝むなり」「みすを丸めて入れておく奥の院」「奥の院下女拝まれる寝はん像」。
  2. 「ぬり仏」「御本尊」ともいい、女陰異名。「御開帳を奥の院まで拝んで参りやした」。〔風流
  3. 「ぬり仏」「御本尊」ともいい、女陰異名
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

奥宮

(奥の院 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 14:13 UTC 版)

奥宮(おくみや)とは、日本の神道における神社の中の、ある社殿に対する他の社殿の関係を現す名称のひとつ。または、その関係にある社殿そのものをいう。奥社あるいは奥の院と言うときもある[1]




  1. ^ a b 奥宮(おくのみや)とは”. コトバンク. 2020年4月22日閲覧。
  2. ^ 箱根神社はこのケースに該当し、奥宮を元宮と呼ぶ。


「奥宮」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥の院」の関連用語

奥の院のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奥の院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS