カルノーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 数学者 > カルノーの意味・解説 

カルノー【Nicolas Léonard Sadi Carnot】

[1796~1832]フランス物理学者蒸気機関関心をもち、熱力学研究


カルノー (Carnot, Sadi Nicolas Leonard)

カルノーという人は

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー ニコラ・レオナール・
サディ・カルノー

勝利組織家と呼ばれ、フランス科学アカデミー会員でもあるラザール・カルノー息子としてパリ生まれる。政治家であり、科学者でもあり、数学者でもあった父の教育を受けた後、エコール・ポリテクニク入学1814年64人中10位という成績卒業する。 陸軍いろいろな部署につき、専門技術者として公職にもついた。1828年陸軍大尉で軍を退役する。

カルノーの主な経歴

カルノーサイクル カルノーサイクル

1824年、”火の動力に関する考察”を発刊する。自費出版600印刷したが、発刊当時注目されなかった。この本は後にW・トムソンに見出され、カルノーの名は熱力学記憶されることになる。 蒸気機関実用上の目的があって発明され、その開発は主に経験によって行われてきた。ワットによる創意工夫素晴らしく蒸気機関実用値するものであったが、その理論未だ解明されていなかった。 カルノーは蒸気機関基本的理論解明し、それによりさらなる改良ができるのではないか考えた。

”火の動力に関する考察”の中でカルノーは、蒸気機関水力タービン比較して、熱が高温から低温へと落下する際のエネルギーは、高所から低所落下する際の位置エネルギーに相当すると考えた。 また、二つ温度の間で働く熱機関のうち、一番理想的なものとして

  1. 高温熱源に接して熱を吸収
  2. 断熱膨張
  3. 低温熱源に接して熱を放出
  4. 断熱圧縮

上記4つの工程繰り返すカルノーサイクルという循環機関考案し、この理想機関においても熱効率には限界があることを明らかにする。 熱は低温物体から高温物体へは流れないこと、および熱機関効率高温熱源低温熱源温度差だけに依存することを発見し、この発見はのちに熱力学の第二法則原型となり、クラウジウス熱力学発展させる契機になった。

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー

1832年パリ流行したコレラにかかり、36歳の若さ他界する。カルノーにはエネルギー保存則対するはっきりとした予感があったことが彼のノートから察することができる。 もしコレラ流行なければ熱力学の法則第一第二あわせてカルノーの法則になっていたかもしれない。


カルノー

名前 Carnot

カルノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 16:33 UTC 版)

カルノー(フランス語: Carnot)は、フランスの有名な一族で政治家と科学者を輩出している。




「カルノー」の続きの解説一覧



カルノーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルノー」の関連用語

カルノーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルノーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2020 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルノー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS