マンデ語派とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マンデ語派の意味・解説 

マンデ語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 23:38 UTC 版)

マンデ語派(マンデごは、Mande languages)またはマンデ諸語(マンデしょご)は西アフリカのいくつかの国でマンデ人英語版[1][2][3][4][5]によって話される言語群であるMandinka, Soninke, Bambara, Dioula, Bozo, Mende, Susu, Vaiなどが含まれる。話者はブルキナファソマリセネガルガンビアギニアギニアビサウシエラレオネリベリアコートジボワールに数百万人いる。マンデ諸語は伝統的にニジェール・コンゴ語族の下位系統に属すとされてきたが、この分類には常に議論がある状態である。独立した語族とする場合は、マンデ語族と呼ばれる。


  1. ^ a b ߡߊ߲߬ߘߋ߲߬ ߟߐ߬ߦߌ߬ߟߊ߬ ߞߏ߫ ߟߎ߬ ߝߐߢߐ߲߯ߞߐンコ語版でのマンデ人の説明)
  2. ^ a b マンデ諸族』 - コトバンク
  3. ^ a b マリンケ族』 - コトバンク
  4. ^ a b マリンケ』 - コトバンク
  5. ^ a b マンディンゴ人』 - コトバンク
  6. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Mande”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/mand1469 


「マンデ語派」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マンデ語派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンデ語派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンデ語派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS