ミケランジェロの『原罪』とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ミケランジェロの『原罪』の意味・解説 

ミケランジェロの『原罪』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:48 UTC 版)

眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス」の記事における「ミケランジェロの『原罪』」の解説

何人か研究者コレッジョヴィーナスについて、ミケランジェロ・ブオナローティの『原罪』(Peccato originale)のエヴァ影響指摘しているが、両者間に特別な類似性はない。しかしミケランジェロエヴァジュリオ・ロマーノやペレグリーノ・デ・モデナ(イタリア語版)に影響与えており、彼らを介して影響を受けた可能性はある。特にジュリオ・ロマーノの『ヴィーナスとアドニス』(Venere e Adone, 1516年)はマルカントニオ・ライモンディエッチングによって広く知られた。 むしろミケランジェロ直接的な影響サテュロスのほうに認められる本作品のサテュロスが布をつかむポーズは、エヴァ傍らに立って知恵の樹果実手を伸ばすアダムポーズよく似ている。『原罪』の図像早い段階で北イタリアにも伝わったことは、ティツィアーノパドヴァ描いた初期のフレスコ画嫉妬深い夫奇跡』(Miracolo del marito geloso, 1511年)からも明らかである。そこでは『原罪』のエヴァ図像反転して用いられており、ミケランジェロ影響はっきりと見られる。これと関連してロッソ・フィオレンティーノおよびペリーノ・デル・ヴァーガ素描基づくヤコポ・カラッリョ(英語版)のエロティックな神話画の連作版画1527年)の影響指摘されている。カラッリョが『ユピテルアンティオペ』で描いたサテュロスポーズは『原罪』のアダム影響明らかであり、カラッリョを通じてミケランジェロ影響を受けたことが想定されている。カラッリョに関しては『ヴィーナスクピド』との類似無視できないヴィーナスポーズクピドとの位置関係に加えヴィーナス横たわるベッド斜めに起き上がり女神正面から眺め構図になっている点は本作品とよく似ている

※この「ミケランジェロの『原罪』」の解説は、「眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス」の解説の一部です。
「ミケランジェロの『原罪』」を含む「眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス」の記事については、「眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミケランジェロの『原罪』」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミケランジェロの『原罪』のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミケランジェロの『原罪』のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの眠れるヴィーナスとキューピッド、サテュロス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS