ティツィアーノとは?

Weblio 辞書 > 食品 > カクテルレシピ > ティツィアーノの意味・解説 

ティツィアーノ


ティツィアーノ

名前 TizianoTiziana

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

(ティツィアーノ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 08:22 UTC 版)

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ: Tiziano Vecellio、1488年/1490年頃[1] - 1576年8月27日[2])は、盛期ルネサンスのイタリア人画家。ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人である。ヴェネツィア共和国ベッルーノ近郊のピエーヴェ・ディ・カドーレに生まれ、その生誕地から「ダ・カドーレ (da Cadore)」と呼ばれることもあった。




  1. ^ See below; c. 1488/1490 is generally accepted, despite claims in his lifetime that he was older, Getty Union Artist Name List and Metropolitan Museum of Art timeline, retrieved June 29, 2011 both use c. 1488. See discussion of the issue below and at When Was Titian Born?, which sets out the evidence, and supports 1477—an unusual view today. Gould (pp. 264-66) also sets out much of the evidence without coming to a conclusion. Charles Hope in Jaffé (p. 11) also discusses the issue, favoring a date "in or just before 1490" as opposed to the much earlier dates, as does Penny (p. 201) "probably in 1490 or a little earlier". The question has become caught up in the still controversial division of works between Giorgione and the young Titian.
  2. ^ Metropolitan Museum of Art timeline”. Metmuseum.org. 2011年1月30日閲覧。
  3. ^ Fossi, Gloria, Italian Art: Painting, Sculpture, Architecture from the Origins to the Present Day, p. 194. Giunti, 2000. ISBN 88-09-01771-4
  4. ^ The contours in early works may be described as "crisp and clear", while of his late methods it was said that "he painted more with his fingers than his brushes." Dunkerton, Jill, et al., Dürer to Veronese: Sixteenth-Century Painting in the National Gallery, p.281–286. Yale University, National Gallery Publications, 1999. ISBN 0-300-07220-1
  5. ^ Cecil Gould, The Sixteenth Century Italian Schools, National Gallery Catalogues, p. 265, London, 1975, ISBN 0-947645-22-5
  6. ^ When Was Titian Born?”. Lafrusta.homestead.com (2002年11月4日). 2011年6月29日閲覧。
  7. ^ See references above
  8. ^ a b David Jaffé (ed), Titian, The National Gallery Company/Yale, p. 11, London 2003, ISBN 1 857099036
  9. ^ Jaffé No. 1, pp. 74-75 image
  10. ^ Olga Mataev. “Ecce Homo”. Abcgallery.com. 2011年6月29日閲覧。
  11. ^ Charles Hope, in Jaffé, pp. 11-14
  12. ^ 宮下規久朗 『しぐさで読む美術史』 筑摩書房、2015年、143頁。ISBN 978-4-480-43318-3
  13. ^ Charles Hope in Jaffé, p. 14
  14. ^ Charles Hope, in Jaffé, p. 15
  15. ^ 『聖会話とペーザロ家の寄進者たち』はペーザロ家の聖職者が聖堂に寄進した祭壇画で、このような絵画には聖人とともにパトロンとなった寄進者の肖像が作品中に描かれることが多かった (en:Donor portrait)
  16. ^ Charles Hope in Jaffé, pp. 16-17
  17. ^ Charles Hope, in Jaffé, p. 17 Engraving of the painting
  18. ^ Jaffé, pp. 100-111
  19. ^ Catholic Encyclopedia”. Newadvent.org (1912年7月1日). 2011年6月29日閲覧。
  20. ^ The Catholic Encyclopedia
  21. ^ R. F. Heath, Life of Titian, page 5.
  22. ^ Penny, 204
  23. ^ 17世紀スペインでは裸婦や性愛描写を描いた絵画の制作、所持が禁止されていた Hagen, Rose-Marie and Rainer; What Great Paintings Say, 2 vols, Taschen, 2005,. ISBN 9783822847909
  24. ^ Museo del Prado, Catálogo de las pinturas, 1996, p. 402, Ministerio de Educación y Cultura, Madrid, ISBN 84-87317-53-7
  25. ^ Penny, 249-50
  26. ^ Giles Robertson, in: Jane Martineau (ed), The Genius of Venice, 1500-1600, pp. 231-3, 1983, Royal Academy of Arts, London
  27. ^ Robertson, pp. 229-230
  28. ^ a b Titian Madonna and Child sells for record $16.9m, 28.1.2011”. BBC. 2011年6月29日閲覧。
  29. ^ Art and the Bible”. Artbible.info. 2011年6月29日閲覧。
  30. ^ Landau, 304-305, and in catalogue entries following. Much more detailed consideration is given at various points in: David Landau & Peter Parshall, The Renaissance Print, Yale, 1996, ISBN 0-300-06883-2
  31. ^ Severin Carrell "Titian's Diana and Actaeon saved for the nation", The Guardian, 2 February 2009
  32. ^ “Tories Admit to Wiki-alteration”. BBC News. (2009年2月11日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/7884121.stm 2011年6月29日閲覧。  See embedded film clip also.
  33. ^ Press Association/The Independent February 12, 2009
  34. ^ BBC, 実際にはティツィアーノの作品は100点を軽く超える。『Terisio Pignatti's catalogue』 (Rizzoli, 1979, and in English translation) によればその作品数は、ティツィアーノ工房作が多く含まれる可能性もあるが、646点にのぼっている。ヴァザーリの著述では「数え切れない」となっている
  35. ^ 飛高 隆夫 「高村光太郎『道程』を読む(五)」 『大妻女子大学紀要・文系』第37巻第139-180頁、2005年3月


「ティツィアーノ・ヴェチェッリオ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ティツィアーノ」の関連用語

ティツィアーノのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ティツィアーノのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのティツィアーノ・ヴェチェッリオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS