地球生命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 生命 > 地球生命の意味・解説 

地球生命

数100万種の生命が脈うつ星、地球

現在、地球上には動物だけでも数100万種が生活し、地球はまさに生命満ちあふれています。降りそそぐ太陽光線は、生命活動基礎となる熱エネルギー過不足なく供給続けています。生物呼吸可能な大気と、酸素再生産する植物存在し、地表をおおう海は安定した地表環境をささえ、生物生存不可欠をたたえています。生物に有害な宇宙線からもオゾン層などによって保護されています。地球生命生存するために適した環境をもつ惑星なのです


ナゾにつつまれたままの生命誕生の過程

35億年以上前地球誕生してまもないころの大気は、窒素(ちっそ)、二酸化炭素水蒸気などに、アンモニア水素などがふくまれたものでした。地球冷えてくると厚いができ、何年激しい雨続きました。そして地表には海ができ、放電によって海中生命物質のもとであるアミノ酸がつくられました。このアミノ酸がやがて複雑なタンパク質変化し、生命誕生したと考えられています。しかし、生命発生過程は、まだまだはっきりとはされていません。

進化し続ける地球上の生命

海中誕生した生命は、長い年月をかけて進化続けさまざまな種類生物を生み出しました。約6億年前には、海中カイメンクラゲなどの生物あらわれ爆発的に増えていきました。そして約4億年前、まず植物陸上適応して地表をおおい、続いて魚類節足動物上陸をはたし、両生類昆虫などに進化していきました。植物は、シダ植物から裸子植物被子植物へと進化続け一方動物両生類から恐竜などの多種多様ハ虫類へと進化し、やがて鳥類ホ乳類が生み出されていったのです。

生命発生の条件をみたす太陽系ただ1つの星

生命発生するためには、さまざまな条件が必要ですが、なによりなくてはならないものが液体です。地球上の生物の体がほとんどでできていることからも、生命必要不可欠であることがわかります。液体惑星上に存在するためには、惑星大きさ太陽からの距離が適当で、重力地表温度液体水の存在を可能にする程度なければなりません。地球はその条件を満たし、さらに生命はぐくむ環境をもった、太陽系でただ1つの星だったのです。





地球生命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地球生命」の関連用語

地球生命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地球生命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS