ほうき星とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ほうき星の意味・解説 

ほうき星

読み方:ほうきぼし
別表記:箒星帚星

彗星別称尾を引く彗星の形を、箒に喩え呼称である。

ほうき星

行政入力情報

団体名称 ほうき星
所轄 東京都
主たる事務所所在地
従たる事務所所在地
代表者氏名 祭原 康治
法人設立認証年月日 2007/02/20 
定款記載された目的
この法人は、広く一般市民に対し、障害者支援のための普及啓発事業等を行い障害者対す雇用、または地域生活においての偏見差別等をなくし、障害者就労社会参加促すなど、障害者個々ニーズ障害特性尊重した援助サービス行い福祉社会寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日 2009年0707日 
解散理由 社員総会決議(法第31条1項1号

ほうき星

行政入力情報

団体名称 ほうき星
所轄 長野県
主たる事務所所在地 小諸市大字631番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 萩原 豊貴
法人設立認証年月日 2009/05/08 
定款記載された目的
この法人は、地域住民に対し、誰もがその人らしく過ごしていけるよう、保健・医療・福祉分野から支援事業を行うことで、地域福祉の向上に寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

特定非営利活動法人ほうき星

行政入力情報

団体名称 特定非営利活動法人ほうき星
所轄 埼玉県
主たる事務所所在地 川越市大字伊佐沼番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 澤部 恵美
法人設立認証年月日 2006/11/08 
定款記載された目的
この法人は、障害者に対し生活介護日中活動支援行い障害者交流創造的活動生産活動増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

彗星

(ほうき星 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 00:26 UTC 版)

彗星(すいせい、英語: comet)は、太陽系小天体のうち、おもになどでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した(テイル)を生じるものを指す。




  1. ^ Deiters, Stefan; Pailer, Dr. Norbert; Deverler, Susanne (2008). Astronomie: Eine Einführung in das Universum der Sterne. Komet. pp. 140-149. ISBN 978-3-898365-98-7 
  2. ^ Pilz, Uwe; Leitner, Burkhard (2013). Astro-Praxis: Kometen, Eine Einführung für Hobby-Astronomen. Oculum. pp. 40-45. ISBN 978-3-938469-60-6 
  3. ^ Hirschler, Johannes (2009年6月1日). “Kometen in der Geschichte”. Planet Wissen、Westdeutscher Rundfunk Köln、Südwestrundfunk、Bayerischer Rundfunk. 2013年10月28日閲覧。
  4. ^ 対外報告(第一報告:国際天文学連合における惑星の定義及び関連事項の取り扱いについて) (PDF)”. 日本学術会議物理学委員会IAU分科会及び天文学・宇宙物理学分科会 (2007年4月9日). 2010年1月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 中村 (1984)。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 桜井 (1989)。
  7. ^ a b Yeomans, Donald K. (2005年). “Comet” (英語). World Book Online Reference Center. World Book. 2008年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月27日閲覧。
  8. ^ Meech, M. (1997年2月14日). “1997 Apparition of Comet Hale-Bopp: What We Can Learn from Bright Comets”. Planetary Science Research Discoveries. 2009年4月25日閲覧。
  9. ^ a b Stenger, R. (2001年4月6日). “Test boosts notion that comets brought life” (英語). CNN. 2009年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月25日閲覧。
  10. ^ Stardust Findings Suggest Comets More Complex Than Thought”. NASA (2006年12月14日). 2009年4月25日閲覧。
  11. ^ ぐんま天文台 ぐんま天文台で撮影・分光したニート彗星 (C/2001 Q4)
  12. ^ "Found: first amino acid on a comet"ニュー・サイエンティスト、17 August 2009
  13. ^ 井田 (2009)。
  14. ^ a b Britt, R. R. (2001年11月29日). “Comet Borrelly Puzzle: Darkest Object in the Solar System”. Space.com. 2008年10月26日閲覧。
  15. ^ 広島大学宇宙科学センター 約40万倍も明るくなったホームズ彗星の詳細な観測”. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月11日閲覧。
  16. ^ Biermann, L. (1963). “The plasma tails of comets and the interplanetary plasma”. Space Science Reviews 1 (3): 553. doi:10.1007/BF00225271. 
  17. ^ NASA First X-Rays from a Comet Discovered
  18. ^ a b Small Bodies: Profile”. NASA/JPL (2008年10月29日). 2009年4月26日閲覧。
  19. ^ Comet” (英語). Encyclopedia Britannica Online. 2008年6月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月26日閲覧。
  20. ^ IAU bulletin IB74
  21. ^ Reddy, F. (2006年4月3日). “New comet class in Earth's backyard” (英語). アストロノミー. 2009年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月29日閲覧。
  22. ^ Davidsson, B. (2008年). “Comets - Relics from the birth of the Solar System”. Uppsala University. 2009年4月25日閲覧。
  23. ^ Johnston, R. (2009年11月21日). “Known populations of solar system objects”. 2010年1月30日閲覧。
  24. ^ JPL comet orbital elements”. Jet Propulsion Lab. 2008年12月27日閲覧。
  25. ^ How Many Comets Are There?”. Rosetta FAQ. 欧州宇宙機関 (2007年11月9日). 2009年12月16日閲覧。
  26. ^ Licht, A. L. (1999). “The Rate of Naked-Eye Comets from 101 BC to 1970 AD”. Icarus 137 (2): 355. doi:10.1006/icar.1998.6048. 
  27. ^ Bortman, Henry (2004年9月29日). “Coming Soon: "Good" Jupiters”. Astrobiology Magazine. 2007年8月5日閲覧。
  28. ^ Kronk, Gary W.. “11P/Tempel-Swift-LINEAR”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  29. ^ John E., Bortle. “Five Methods to Estimate a Comet's Brightness”. 2010年1月31日閲覧。
  30. ^ 例として、彗星の光度変化を解析したり、彗星の観測を支援 Vector
  31. ^ What is the difference between asteroids and comets?”. Rosetta FAQ. European Space Agency. 2009年4月25日閲覧。
  32. ^ What Are Asteroids And Comets?”. Near Earth Object Program FAQ. NASA. 2009年4月25日閲覧。
  33. ^ Shiga, D. (2008年1月24日). “Comet samples are surprisingly asteroid-like”. ニュー・サイエンティスト. 2009年4月25日閲覧。
  34. ^ 林 悟; 柳澤 正久; 佐藤 勲; 長谷川 均; 中島 崇; 福島 英雄 (2000年10月). “P117 小惑星(201)Penelopeの形状(ポスターセッション口頭1)”. 日本惑星科学会秋期講演会予稿集 (日本惑星科学会) 2000: 51. NAID 110009392487. 
  35. ^ Quanzhi Ye, Qicheng Zhang (2020年4月6日). “Possible Disintegration of Comet C/2019 Y4 (ATLAS)”. The Astronomer's Telegram. 2020年4月10日閲覧。
  36. ^ SOHO analyes a kamikaze comet”. European Space Agency (2001年2月23日). 2009年4月26日閲覧。
  37. ^ 200年前、海王星に彗星衝突”. ナショナルジオグラフィック (2010年7月26日). 2016年5月22日閲覧。
  38. ^ Muir, H. (2007年9月25日). “Earth's water brewed at home, not in space”. ニュー・サイエンティスト. 2009年4月26日閲覧。
  39. ^ a b Ridpath, Ian (2008年7月3日). “Halley and his Comet”. A brief history of Halley's Comet. 2009年4月27日閲覧。
  40. ^ a b c Kronk, Gary W.. “2P/Encke”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  41. ^ a b Arnett, B. (2000年1月14日). “ 'Official' Astronomical Names”. International Astronomical Union. 2006年3月5日閲覧。
  42. ^ Comet Names and Designations; Comet Naming and Nomenclature; Names of Comets2000年版・第3段落
  43. ^ a b 京都コンピュータ学院
  44. ^ Long Live the King - Scene 1”. Bayeux tapestry. Museum of Reading. 2009年4月17日閲覧。
  45. ^ Aristotle (350 BCE). “Book I, part 6”. Meteorologica. Webster, E. W. (trans.). http://classics.mit.edu/Aristotle/meteorology.1.i.html 
  46. ^ Aristotle (350 BCE). “Book I, part 7”. Meteorologica. Webster, E. W. (trans.). http://classics.mit.edu/Aristotle/meteorology.1.i.html 
  47. ^ a b A Brief History of Comets I (until 1950)”. European Southern Observatory (2003年10月17日). 2012年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月27日閲覧。
  48. ^ Maik Meyer. Catalog of comet discoveries”. 2008年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月15日閲覧。
  49. ^ Newton, Isaac (1687). “Lib. 3, Prop. 41”. Philosophiæ Naturalis Principia Mathematica. Royal Society of London 
  50. ^ Halleio, Edmundo (1705). “Astronomiæ Cometicæ Synopsis”. Philosophical Transactions 24: 1882-1899. doi:10.1098/rstl.1704.0064. 
  51. ^ Pepys, Samuel (1665). “March 1st”. Diary of Samuel Pepys. http://en.wikisource.org/wiki/Diary_of_Samuel_Pepys/1665/March#March_1st 
  52. ^ Sagan, Carl; Druyan, Ann (1985). Comet. Random House. pp. 42-43. ISBN 0-394-54908-2 
  53. ^ Sagan, Carl (1985).
  54. ^ ジェームズ・トムソン『四季』(1730年)
  55. ^ カール・セーガン / アン・ドルーヤン『ハレー彗星』(1985年)
  56. ^ Sagan, Carl (1985). 117
  57. ^ Kronk, Gary W.. “3D/Biela”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  58. ^ Whipple, Fred L. (1950). “A Comet Model I. The Acceleration of Comet Encke”. Astrophysical Journal 111: 375-394. doi:10.1086/145272. 
  59. ^ a b 門野、中村、杉野『異星の踏査-「アポロ」から「はやぶさ」へ展図録』(2007) pp.179-188
  60. ^ Ridpath, Ian (2008年7月3日). “Awaiting the Comet”. A brief history of Halley's Comet. 2008年8月11日閲覧。
  61. ^ “Families Learning of 39 Cultists Who Died Willingly”. New York Times. (1997年3月29日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9400E7DB133AF93AA15750C0A961958260&sec=health&spon=&pagewanted=all 2008年11月9日閲覧. "According to material the group posted on its Internet site, the timing of the suicides were probably related to the arrival of the Hale-Bopp comet, which members seemed to regard as a cosmic emissary beckoning them to another world." 
  62. ^ Kronk, Gary W.. “C/1975 V1 (West)”. Gary W. Kronk's Cometography. 2006年3月5日閲覧。
  63. ^ Kronk, Gary W.. “29P/Schwassmann-Wachmann 1”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  64. ^ Kronk, Gary W.. “95P/Chiron”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  65. ^ Kronk, Gary W.. “137P/Shoemaker-Levy 2”. Gary W. Kronk's Cometography. 2009年4月27日閲覧。
  66. ^ Kronk, Gary W.. “C/1979Q1 SOLWIND1” (英語). Cometography Home Page. 2010年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月8日閲覧。
  67. ^ a b Irish Astronomical Journal, Vol. 6, p. 191




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ほうき星」の関連用語

ほうき星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ほうき星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2020 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの彗星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS