干満差とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 干満差の意味・解説 

干満差

読み方:かんまんさ

潮の満ち引きによって起こる干潮満潮潮位差干満の差。

潮汐

(干満差 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 14:52 UTC 版)

潮汐(ちょうせき)とは、主として太陽引力によって起きる、海面の昇降現象[1]。海岸などでみられる、1日に1~2回のゆっくりした海面の昇降[1]。「潮の干満(しおのかんまん)」とも。大和言葉で「しお」ともいう。漢字ではと書くが、本来は「潮」は「のしお」、「汐」は「夕方のしお」という意味である。原義としてはこれだが一般には海に関するいろいろな意味で「潮」が使われる。


  1. ^ a b 『日本大百科全書』(ニッポニカ)
  2. ^ なお、天体表面の液体だけでなく、気体(大気大気潮汐)にも影響は出ている。また、厳密に言うと、天体の固体部分にも影響は出ており、地球でも(固体地球でも)影響は起きている(地球潮汐)。
  3. ^ a b c 佐藤、p.135
  4. ^ a b 佐藤、p.136
  5. ^ a b 柳、pp.17–18
  6. ^ a b 柳、pp.18–20
  7. ^ 柳、p.20
  8. ^ 柳、p.24
  9. ^ 柳、p.40
  10. ^ 柳、pp.32–33,40
  11. ^ 柳、pp.23–24
  12. ^ クランシー、p.12
  13. ^ 柳、pp.74–75
  14. ^ クランシー、p.23
  15. ^ 柳、pp.58–60
  16. ^ 柳、pp.66–67
  17. ^ 鶴岡弘, 大竹政和、地震発生における地球潮汐の影響 数値シミュレーションによるアプローチ 『地学雑誌』 2002年 111巻 2号 p.256-267, doi:10.5026/jgeography.111.2_256
  18. ^ a b PDF版なゐふる91号(2012年10月) (PDF) 日本地震学会
  19. ^ 巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究(AFPBB News 2016年9月13日)
  20. ^ 月の引力、大地震と関係か 東大チーム(日本経済新聞 2016年9月13日)
  21. ^ a b 長野県栄村で地震で多発、「潮汐」引き金 地殻変動と重なる 産総研分析(MSN産経ニュース/産経新聞 2012年3月19日)/同記事の夕刊フジ版引用(阿修羅)
  22. ^ 川島秀一『追込漁(おいこみりょう)』<ものと人間の文化史> 法政大学出版局 2008年、ISBN 9784588214219 pp.173,285-288.


「潮汐」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「干満差」の関連用語

干満差のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



干満差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの潮汐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS