外国為替平衡操作とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 理論・法則 > 政策 > 金融政策 > 外国為替平衡操作の意味・解説 

外国為替平衡操作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 08:02 UTC 版)

外国為替平衡操作(がいこくかわせへいこうそうさ)や為替介入(かわせかいにゅう、: currency intervention)とは、日本において財務省の命令で日本銀行が行なう為替市場への市場介入のことである。日本以外の為替当局が行うものについても本項で扱う。


  1. ^ 小林正宏、中林伸一『通貨で読み解く世界経済』中央公論新社、2010年7月25日、39-42頁。
  2. ^ 高橋洋一 『日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える』 光文社〈光文社新書〉、2010年、78-79頁。
  3. ^ a b 進む円高をどう考えるかSYNODOS -シノドス- 2011年8月22日
  4. ^ 円高と日本の国際競争力-「過度な円高」について-RIETI 2012年10月23日
  5. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、34頁。
  6. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、45頁。
  7. ^ 覆面介入、苦肉の策 政府・日銀、昨年11月に4日連続 - 朝日新聞デジタル(2012年2月8日付、同月14日閲覧)
  8. ^ John B. Taylor (2010年7月17日). “Not a Repeat of the Great Intervention”. 2012年7月19日閲覧。 “My assessment, based on this experience, is that the recent intervention is not, and should not, be a repeat of the Great Intervention.”
  9. ^ Fox, Justin (May 5 2008), “Double-Talking the Dollar”, Time Asia 171 (17): 42 .
  10. ^ スイスフラン無制限売り介入の禁じ手が円の独歩高をもたらす 2011年9月9日 週刊ダイヤモンド編集部
  11. ^ 【第74回】 スイスフラン上限撤廃の意味を考える 現代ビジネス、2015年1月22日(2015年1月26日閲覧)
  12. ^ 2009年10月8日 ロシア中銀が為替介入、15─20億ドルの外貨購入=市場筋 ロイター
  13. ^ 新興国、通貨防衛へ一斉市場介入 資金流出に対応 2011/09/24 共同通信
  14. ^ ブラジル、アジア、東欧… 新興国が相次ぎ為替介入 2011年9月24日 朝日新聞
  15. ^ 新興国が自国通貨安防止の介入競争に―金融市場混乱のドル高受け 2011年9月24日 WSJ
  16. ^ アジア通貨動向=まちまち、韓国はじめ複数の当局がドル売り介入 2011年9月23日 ロイター
  17. ^ ブラジル中銀がレアル支援に向け介入、27.5億ドルの通貨スワップ売却 2011年9月23日 ロイター


「外国為替平衡操作」の続きの解説一覧



外国為替平衡操作と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「外国為替平衡操作」に関係したコラム

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外国為替平衡操作」の関連用語

外国為替平衡操作のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



外国為替平衡操作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外国為替平衡操作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS