三権の長とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 三権の長の意味・解説 

三権の長

読み方:さんけんのちょう

三権分立原則に基づき設置されている司法機関行政機関立法機関それぞれの長。

司法機関司法権司る機関であり、その長は最高裁判所長官である。

行政機関行政権司る機関であり、その長は内閣総理大臣である。

立法機関立法権司る期間であり、国会中に衆議院参議院の2院存在する。そのため、立法機関の長は衆参両議院議長2名がいずれも該当する。

2011年5月東日本大震災の影響もあり混乱極めている政局の中で、三権の長である参議院議長同じく三権の長である菅直人・内閣総理大臣退陣要求し、菅降ろし乗り出していることについて、賛否両論声ががっている。

三権の長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 04:55 UTC 版)

三権の長(さんけんのちょう)とは、権力分立の原則に基づいて統治機構を構築している国家のうち、いわゆる三権分立の形態をとるものにおいて、それぞれ三権立法権行政権司法権)を司る機関の長を指す。本項においては日本における三権の長について記述する。




「三権の長」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三権の長」の関連用語

三権の長のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三権の長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三権の長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS