可とう性とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 可とう性の意味・解説 

可とう性

読み方かとうせい
別名:可撓性フレキシビリティ
【英】flexibility

可とう性とは、物体柔軟であり、折り曲げることが可能である性質のことである。

可とう性の「とう」は「撓」で、たわめることである。対義語としては「剛性」を挙げることができる。力が加わっても折れないようにすることで、災害などが起きても破壊から免れるなどのメリットが得られる。

可とう性は、配管ホース状にして液体漏れを防ぐといった用途活用されている他、最近では有機トランジスタを用いたフレキシブルディスプレイなどの分野研究開発が進められている。


可とう性

屈曲しやすい性質

可とう性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/17 02:10 UTC 版)

可撓性(かとうせい)とは、物質の弾性変形のしやすさを示す。




「可とう性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可とう性」の関連用語

可とう性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



可とう性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ可とう性の記事を利用しております。
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2019 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの可とう性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS