超塩基とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 塩基 > 超塩基の意味・解説 

強塩基

(超塩基 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/29 23:10 UTC 版)

強塩基(きょうえんき、strong base)とは、塩基解離定数の大きい塩基を指し、狭義には水溶液中において電離度が1に近く水酸化物イオンを定量的に生成し、塩基解離定数がpKb < 0 (Kb > 1 ) 程度のものをいう。水溶性でかつ水溶液中において強塩基であるものは特に強アルカリ(きょうアルカリ、strong alkali)とも呼ばれる。このようなものはタンパク質加水分解する性質が強く、皮膚などを強く腐食し、に入ると失明する恐れもある。


  1. ^ Cotton and Wilkinson (1980), 翻訳 (1987).
  2. ^ a b 田中 (1971).
  3. ^ Schwarzenbach
  4. ^ a b Charlot (1975).
  5. ^ a b c d e 田部、野依 (1980).
  6. ^ 化学便覧 (1993).







超塩基と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「超塩基」の関連用語

超塩基のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



超塩基のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強塩基 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS