雷汞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 雷汞の意味・解説 

らい こう [0] 【雷汞

起爆薬の一。水銀濃硝酸に溶かし、エタノール加えて得る白色針状結晶化学式 HgONC2 有毒加熱衝撃摩擦によって激しく爆発する。工業雷管として広く使用されてきたが、現在ではほとんど用いられない雷酸水銀(Ⅱ)

雷酸水銀(II)

(雷汞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 02:45 UTC 版)

雷酸水銀(らいさんすいぎん)は水銀雷酸塩で、淡青色の斜方錐状晶。シアン酸水銀の異性体である。






「雷酸水銀(II)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雷汞」の関連用語

雷汞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雷汞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雷酸水銀(II) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS